東京女子医科大学 東医療センター 卒後臨床研修センター

HOME

研修について

卒業生からのメッセージ

平成26年度研修医(平成28年麻酔科入局)

東医療センターで2年間の研修を終えて、昨年麻酔科に入局しました。

東医療センター初期研修医の当直では、1年目の4月から救急外来での初期対応という責任ある仕事を任されます。緊急性のある病態、そうでない病態を見分ける経験が、今日の診療にとても活かされていると感じています。

日々の診療では、いくつもの診療科の介入が必要な症例を経験しますが、東医療センターでは診療科同士の垣根が低く、他科からの診療相談に柔軟に対応してくださる先生ばかりです。複雑な症例に多くの知恵を出し合い、診療を進めていく経験は自分を成長させてくれたと感じています。

後期研修医となった今、1年目の時には大丈夫かな?と心配していた研修医が、2年目になる頃に見違えるような成長を遂げている様子を垣間見ることがあります。初期研修での経験が、その後の医者人生の基盤を作ることになると思います。東医療センターの研修経験は、その基盤を強固なものにしてくれると確信しています。

平成26年度研修医(平成28年形成外科入局)

東医療センターで初期研修を行い、昨年の4月に形成外科へ入局いたしました。

私が東医療センターを研修先として選んだ理由は、救急外来での当直で研修医が初期診察をできること、実習で東医療センターを回った際にどの先生も熱心に指導してくださったことなどがありました。二年間の研修医生活を終えても、その印象は変わらないものでした。

実際に研修医として働き始めると、ラインや採血などの手技ができない、いざ患者さんを目の前にすると緊張してしまって問診しようと思っていた内容が吹き飛んでしまう、当直という夜中も呼ばれる環境がつらい・・・こういった悩みには研修医なら誰もが一度は直面するものと思います。

そのような中で、研修医一学年が20人弱というちょうどいい人数であり、つらい時には互いに悩みを相談し合ったり、時には研修医みんなで飲み会をしてストレスを発散したりすることもありました。学生から社会人という慣れない環境でもやってこられたのは仲間・同志、同じことを経験してきた先輩がいたからだと思います。

平成25年度研修医(平成27年外科入局)

こんにちは。私は東医療センターで2年間の研修を終えて昨年外科に入局しました。

ここを研修先に選んだのは、研修医の寮があること、大学病院の分院であり市中病院と大学病院の両方の要素があること、研修医の数が同期20人弱と多すぎず少なすぎないことが挙げられます。それ以外で実際良かったところは、初期診療を学べた救急外来や、研修2年次は必修科以外の10ヶ月を全て選択できたため自分の目的に沿った研修ができたこと、総合内科であるため内科研修時に消化器、呼吸器、神経、血液など様々な内科の患者さんを担当できたことです。その中でも私が特に良かったと思うことは、最初に挙げた寮です。同期の仲が深まり、研修での悩みを共有したり、みんなでイベント事をしたり、とても濃い時間を過ごせました。研修へのやる気にもつながったと思います。

研修先に求める物は皆さんそれぞれ違うと思いますが、研修に励める環境があることは必要だと思います。

ぜひ見学に来てみてください。

平成25年度研修医(平成27年脳神経外科入局)

東医療センターで初期研修を行い、昨年の4月に入局いたしました。気がついたら1年間が終わり後輩も入ってきました。

学生時代脳神経外科を回ったことがなく、初期研修で初めて脳外科をローテートしました。実は初期研修時、私は進路として脳外科を全く考えていませんでした。一度も見ていないから、と軽い気持ちで(と言っては語弊がありますが)といいますか勉強だけさせていただくつもりで、脳外科に来たことを覚えています。

 最初の印象は、とにかくハード、でした。仕事量的にもそうですが、後期研修の最初のころから、自分で考え、治療方針をたて、それを順序立てて周りにアウトプットする、そういうことが求められているところだなと感じました。しかしその分、先輩たちは自分の患者に責任を持ち、また、楽しそうに仕事をされていたと思います。初期研修でも、朝のCT読影、患者の症例発表などもありましたし、日々先生方がとても熱心に教えてくださいました。そうすると回るからにはしっかりと勉強しなければ、という気持ちがわいてきまして、また、自分で考える機会を与えられることで、脳神経外科の面白さに気づけたのだと思います。気が付けば2年次も脳神経外科を選択し、そのまま入局してしまいました。

 こんな言い方をすると勢いで入局したような印象をもたれるかもしれませんが、入局前はかなり悩みました。私以外に入局希望者はあまりおりませんでしたし、脳神経外科、という分野はわからないことだらけだったのです。それでもここを選んだのは、勉強した分だけ必ず応えてくれる、そんな雰囲気の医局がとても魅力的に感じたからだと思います。入局してからも、その印象が覆ることはありませんでした。今もわからないことだらけですが、日々、勉強させていただいております。医局の先生方だけでなく、秘書さん、看護師さん、事務さん、ヘルパーさん方はみなさんとても温かく、とても多くの人に助けられながら仕事をしていると感じます。症例も、脳梗塞・脳出血・脳腫瘍など、様々な疾患を見ることができます。脳梗塞一つとってみても、病態はまさに千差万別です。そんな中、上の先生の言うままでなく、自分が主治医となり、治療方針を積極的に決めていけるのも、当科の魅力の一つだと思います。

 1日でも見学はもちろん歓迎ですが、それだけでは当科の魅力は伝わりきらないと思います。卒業してから振り返ってみれば、当院の初期研修はとても充実しており、魅力的と思いますので、できたら初期研修で当科を回っていただきたいです。私のように、脳外科を考えていなくても大丈夫です。必ず、後々別の科を選んでも、役立つ経験になると思います。
といってもそこまではいきなりは難しいと思うので、まずは一度、見学にいらしてください。医局員一同、歓迎いたします。お待ちしています。

平成23年度研修医(平成25年内科入局)

私は現在、内科後期研修医1年目で内科全般をローテーション中です。東医療センターへは知人の紹介で見学に来ましたが、アットホームな雰囲気と研修医による 夜間救急外来、内科疾患を総合的に診ることが出来る点に魅力を感じ、当院で初期研修医として働くことを決めました。2年間研修を終えて、夜間の救急外来で 本当にたくさんの疾患を経験したため、3年目となり研修医を指導する立場になりましたが、大概のことは自信をもって対応することが出来るようになったと感 じています。また、内科病棟は各科が入り混じっているため、すぐに各科専門医に相談可能であり、その結果全身をバランスよく診断・加療を行なうことが可能 であり、その点は他の病院では経験できないことだと思います。内科を総合的にバランスよく、さらに専門的に学ぶことができ、毎日忙しいですが、本当に充実 した日々を送っています。是非当院で楽しく一緒に働きませんか。

平成23年度研修医(平成25年外科入局)

将来はそこそこの病院で入局したいけど、初期研修は手技を含め色々な経験を積みたい。同期は性格が合わない人がいても大丈夫でフォローが効く中所帯で。当直 は頑張りたいけど、独りとか無理。バックアップと指導がしっかり欲しいよね。という病院を、5年生の私はビッグサイトで探していました。

女子医でも見てみるか、と本院の列に並ぶ私はいつの間にか東医療センターの名刺を渡されていました。せっかく名刺貰ったし、と見学・・・条件ばっちり!とい うか田端にあるんだ。でも安い寮(トイレ風呂掃除してくれる!)もある。外科志望だから総合内科で同時に色々見れちゃうのはお得かも。結構いいかもー。

前評判に狂いなく、2年間バリバリ働き、ゆるゆる遊び、なんと出産までさせてもらいました。さすが女子医と感謝しつつ、外科入局。こんなに優しい外科はないと痛感しつつ頑張ってます。

嘘だと思わず、東いいとこ一度はおいで。見学お待ちしてます。

平成23年度研修医(平成25年形成外科入局)

ここの研修を選んだきっかけは、夜間救急外来で初期診療に率先して携われると先輩から聞いたことです。研修を終えた今、やはり私のお勧めも救急外来です。

研修中に一貫して行う救急外来での当直は、すべての科の患者と関わることができ、ローテートしていない科の指導医とも接することができます。そして病棟業務 とは違う、外来診察を行う各科の先生方を見られることに加え、拙い問診から始まる未熟な私達の診察も見守って指導してくださり、多くのことを経験すること ができます。印象深かったのは、研修中の科の患者の初療を担当し、そのまま主治医となって入院後の加療を行い退院まで関われたことや、外傷で縫合した患者 を抜糸まで診察できたことです。

志望の科がある人はその科を深く学ぶこともできますし、まだ決まっていない人は多くの科に触れることもできます。自由度とその選択幅の広いこの病院での研修はとても良い2年間となると思います。

平成22年度研修医(平成24年小児科入局)

私はレジナビで東医療センターのことを初めて知りました。
症例豊富で救急外来は研修医がメインで診療できるし手技もたくさんできる病院だから是非見学に来て、寮もあるからみんな楽しく研修しているよ、と目を輝かせながらその先生は説明をして下さりました。
3年後初期研修を終えて、同じセリフをレジナビで話している自分がいました。
東医療センターの研修のいいところは、このセリフに集約されていると思います。
まず1年生と2年生の屋根瓦式で救急外来の初期診療を行えるという点です。
荒川区、足立区には大学病院をはじめ500床以上の病院がほとんどありません。
必然的にcommon diseaseから難しい症例まで幅広く集まり、症例や手技の取り合いはありませんでした。
また寮もあるため、公私ともに本当に楽しく初期研修を行う事が出来ました。東医療センターの初期研修は自信を持っておすすめできます。
興味を持たれた方は是非一度見学にいらして下さい。

平成22年度研修医(平成24年産婦人科入局)

私は産婦人科コース1期生として初期研修を経て産婦人科に入局しました。
初期研修の特徴は、common diseaseが学べる事、救外は研修医が診療する事です。
地域密着且つ大学病院の役割があり、多くの幅広い症例を学べます。
救外では小児科も含め風邪から心筋梗塞まで様々な患者さんが来院し、緊急性の有無の早急な判断が要求されます。
同期生と切磋琢磨し朝まで途切れない診療に携わる日々の中、上級医に指導を仰ぎ有意義な経験を得ました。
当院の歴史は古く、祖母の代からお産をしている事はよくあり、地域の女性の健康に携わる大切な役目だと実感します。
産婦人科では婦人科癌手術や周産期センターでのハイリスク妊娠の管理を積極的に行うことができます。
産婦人科研修の頃から分娩に立会い、手術を担当させてもらえ大きな経験となりました。
当院は卒後研修にベストな病院です。そして、培った知識・経験・人間関係を生かし後期研修も視野に入れるのはいかがでしょうか。
アットホームな雰囲気の研修医・諸先生方がお待ちしております。

平成22年度研修医(平成24年整形外科入局)

整形外科医として本院に出向し、今改めて東での初期研修は有意義だったと思います。
手技を行う機会が多いのは勿論、特に内科の研修は内科系分野を一手に学べて、外科医である今もその経験に病棟で助けられています。
在宅医療、検査科など特殊な科もあり、2年目では選択できる科も多かったので進路を決める前にやりたかった事をやってからゆっくり進路を決められました。当初から気になっていた整形外科は6ヶ月重点的に回れましたし沢山の手術に参加し経験を積ませて頂きました。
救急外来の当直では最初の対応が初期研修医に任されるためバラエティーに富んだ疾患、キャラの患者さんがランダムにやってくる環境は診断力をつけるには最適だと思います。
最後は何といっても同期です。全員が仲良くできて、そこそこな大所帯で(笑)研修終了後も関係が切れない仲間ができたのが最高に良かった事です。

平成21年度研修医(平成23年眼科入局)

私は東医療センターで初期研修を終えて、現在も後期研修医として働いております。
初期研修を振り返ってみて、ここで初期研修をして本当に良かったと心から思います。
ここにいる先生方は研修医に対してとても教育熱心な方が多く、私も研修医時代にはとてもお世話になりました。
今の私も研修医と一緒に仕事をする機会があると、ついつい力を入れて教えてしまいます。
また私も含め、ここで初期研修を終え、現在は後期研修医として働いている先生方が色んな科に沢山いらっしゃいます。
みんな学年は遠いけれど後輩たちができるのを嬉しく思っておりますし、一緒に働けるのを楽しみにしています。
そういった点でもここ東医療センターは研修医にとってはとても働きやすい病院だと思います。
まずはこの病院の雰囲気をみに、見学にいらして下さい。

平成21年度研修医(平成23年脳神経外科入局)

私は前期研修を当院で過ごし、2年前に脳外科に入局しました。
当院は、大学病院と市中病院の中間的な存在であり、救急外来などで多数のプライマリケアの経験を積める一方で、各科で研究や学会発表なども積極的にしており、前期研修で幅広い経験を積みたいと考える方にとっては、とてもお勧めです。
夜間の救急外来は忙しいですが、問診・診察の後、検査をオーダー、評価し、各科の当直医に報告するという一連の流れをひたすら実践することにより(多少要領が悪くても)、各科の初療を骨身に刻むことができます。
救命医療科の当直では、心肺停止、重傷外傷、高度意識障害の患者などの初療を経験できます。
また、日常生活では、病院のすぐ近くに研修医寮があり、仕事が終わった後は共用室で軽く一杯。
すぐに人が集まります(今年は五輪観戦会もあったとか・・?)。男女各10名程度の同期は一生の宝物になりますよ。ぜひ見学に来てください。

平成21年度研修医(平成23年耳鼻咽喉科入局)

私は東医療センターで初期研修をし、耳鼻咽喉科に入局。現在は地方がんセンターで日々研鑚している。地方のため医師が少なく個人に求められる知識・技術のレ ベルが高く、耳鼻科と言えど、周術期管理や人工呼吸器管理、心肺蘇生、緩和ケアなど多岐に亘る。(耳鼻咽喉科はいわゆる耳鼻科と頭頸部外科に分けられ、癌治療は主に後者が担当する)
東医療センターで研修したことで、初期救急の対応や幅広い知識(特に内科)を身に付けられ、治療の予期せぬ副作用・合併症に対する対応が取りやすく、他科の医師へコンサルトしやすい。これは内科研修と救急外来研修の賜物である。心肺停止した患者や、痙攣、呼吸困難などなど対応は体が覚えている。

寮生活も良いもので、友達ではなく仲間として研鑚していけるのも良い点である。

研修全体を通して悪い点もあったが、完璧な施設はなく、何を望むかであり、公私共に充実を望むなら東医療センターは良い選択肢である。

平成20年度研修医(平成22年外科入局)

私は東医療センターで初期研修を終え、現在外科に所属し医療練士(後期研修医)として働いています。初期研修は医師として社会人としての第1歩であり非常に重要な時期となります。初期研修では様々な新しい経験をするわけですが、当院での研修の魅力の一つとして救急外来があります。問診から診察、検査、治療と上級医の指導のもと様々な症例を経験することができます。同時に患者さんとの接し方、コミュニケーション能力も鍛えることができます。研修時のこのような経験が現在の私の診療の基盤になっています。

また当院では初期研修を経験した医師の多くが後期研修医として残っており、初期研修医を指導しています。このような縦のつながりも充実しているため、初期研修を安心して行うことができます。

症例数も豊富で働きやすい環境の下、有意義な研修生活を送ることができますので興味ある方は一度東医療センターに見学に来てください。

平成20年度研修医(平成22年産婦人科入局)

私が初期研修の病院として東医療センターを選んだのは、産婦人科への入局も視野に入れての事でしたが、先輩方にここの研修はとても勉強になる、と伺ったからです。

ここの特徴でもある救急外来では、初めに研修医が患者さんを診て、問診・診察・鑑別診断・検査などを一通り行い、上級医に上申し診療を進めていきます。ここで得た、診察の手順・診断の導き方・治療方針の考え方などは、入局した今でも非常に役に立っています。産婦人科は対象が女性だけですし、分娩など病気でないものも診るので、かなり特殊な科だと思います。しかし、内科疾患を合併した妊婦さんや術後に病態が急変する婦人科の患者さんもいます。そのような場に直面した時、ここで学んだ「患者さんを診る目」が役に立っていると、今でも思います。

東医療センターはとてもアットホームな雰囲気です。まずは一度、見学にいらして下さい。産婦人科はいつでも見学OKです。お待ちしています。

平成18年度研修医(平成20年内科入局)

私は東医療センターで初期研修を終え内科に入局しました。

国家試験の勉強をしながら、これ程広い範囲の勉強をするなら、研修医でも幅広く多くの症例を経験したいという気持ちが強くなりました。そこで選んだのが東医療センターの初期研修でした。内科をはじめ、外科、小児科、救命救急センター等、どの科でもたくさんの症例を経験することができることはもちろんのこと、研修医も一人の主治医となることで責任の重みがある分、医師としても自覚も早期に芽生えてきます。

初期研修の一番の特徴である救急外来当直では、研修医が問診や診察を行い、その後上級医の指導の下、検査、診断、治療をしていきます。1年目では不安もありますが、頼もしい2年生と一緒に当直する夜は、とても濃厚で貴重な時間です。

今は研修医時代からお世話になっている先生方やコメディカルがいる働きやすい環境で、多くの方々に支えていただきながら育児と両立しながら勤務しています。

平成18年度研修医(平成20年麻酔科入局)

私は都内の私立医大を卒業したのち先輩の勧めもあって当院で2年間の初期研修を行い、現在は麻酔科で働いています。
麻酔科医になることは学生時代には考えもしなかったことでしたが、研修医として様々な重症患者の診療に携わるうち、全身管理を学ぶ良い環境が整っていると感じ麻酔科に入局しました。
現在は主に手術麻酔を担当し、集中治療室の管理やペインクリニックといった業務に従事しています。 当院での研修の特徴の一つに救急外来があがりますが、一言で言うと濃密です。
様々な患者や疾患に対応するうち、医師としての基礎を学ぶことができます。
当院では麻酔科を全ての研修医がローテートしてきます。
そのため、研修医の成長ぶりを実感できる部署であるわけですが、1年目では少々不安のある?研修生も、無事に研修を半分終え2年目で選択でまわってきてくれたときの成長ぶりには目を見張るものがあります。
興味のある方はぜひ一度見学にいらして下さい。