東京女子医科大学 東医療センター 卒後臨床研修センター

HOME

研修医ブログ

2016年10月

マッチング(2016年10月24日)

こんにちは、研修医2年Lです。

つい先日マッチング結果の発表がありましたね!来年はどんな方々が入ってくるのでしょうか...楽しみです(^^)

 

わたしはというと今週は同期とたくさん出かけました!同期と遊ぶのも飲むのもすごく楽しいです。初期研修の仲間は苦楽を共にするので一生物ですね。

 

東医療センターでは寮もあるので同期や先輩、後輩との絆がより深まりますよ♪病院の研修医室もみんなでわいわいと話せるスペースなので、いろいろと相談もしやすい環境だと思います!(研修医室では写真のような一幕も見られるかも...!?)

 

学生のみなさん、ぜひ一度見学に来てみてくださいね〜。

そして6年生のみなさん、今年は二次募集もありますのでぜひ!研修医一同お待ちしております?

image12.JPG

20円...(2016年10月18日)

1年次研修医Kです。

朝起きて、病院まで自転車で行くんですが…その途中に100円の自販機があるんです。20円をケチって毎日毎日そこで缶コーヒーを買って飲みながら病院へ向かう生活を続けて早くも半年。来年研修医が終わるまでにそのケチった20円達でコーヒーを入れる水筒でも買おうかと思ってます。

毎日の研修もそんな感じだと思ってます。日々少しずつ学んで上の先生、先輩から教えてもらい、同期が知ってる事を知らないと焦って勉強し、少しずつ前に進みたいと思ってます。

そんな研修が出来る病院だと思うので是非一度見学に来てください。

IMG_3983.JPGのサムネイル画像

週末の別の顔(2016年10月11日)

2年研修医のKです。今回は私の趣味というか何と言うかについてお話しします。

私は高校時代からボクシングをして、医者になった現在も続けています。

色々な都合で選手は辞めてしまいましたが、現在は週末(主に日曜日)にプロのトレーナーとしてプロボクサーを目指す若者、おやじファイトを目指す中高年などを指導しています。特に8月にプロのトレーナーライセンスを取得させて頂いた以降は指導に熱が入るため、ジムの会長から「医者の仕事辞めてボクシングに転職した」と言われてしまうほどです(笑)

とはいえ、トレーナーをしていると意外にも医学的知識が必要になる場面は多いです。そういった意味では、救急外来で学んだ頭部外傷の知識や簡単な創傷への対応は本当に役立っています。

最後に当院の宣伝。やっぱり救急外来で色々な疾患を経験する事で、初期対応能力は自然と身に付くと思います。じっくり考える事は病棟で、瞬時に動く事は救急外来で学べます。おいでやす東医療センター(笑)またボクシング興味ある人も大募集中です(笑)

 

トレーナー風景です

写真1.png

 

パンチングミットです。医者になって最初の給料で買いました。

写真2.JPG

 

練習用グローブです。たまにあるスパーリングで使います。

写真3.JPG

僕の半年(2016年10月07日)

研修医1年目のJです。

研修医として働き始めてあっという間に半年が経過しました。ここまで麻酔科→救命救急→内科→小児科とローテートしてきましたが、どの科でも手技を多くやらせてもらい、適度な責任と心強いオーベンのフォローの元、日々充実した研修生活を送っています

。また、労働時間も過度に長すぎずプライベートや学習の時間を作れてアフターファイブも充実してます。

救急外来は2年目の先生とペアでやるので身近なお手本がたくさんいてロールモデルが充実してます。

 

一度で良いから見学来てみてください。見学後の飲み会も充実させます。

 

ちなみに、同期とのディスカッションも充実してます。

1475749788094.jpg