スマートフォン版はこちら>>

お問い合わせ

研修医ブログ

研修医ブログ

在宅医療研修を通して感じたこと(2017年10月23日)

研修医の2年Jです。

今月は在宅医療部をローテーションしています。写真は在宅医療部の車でこれを乗り回して各家庭に赴いてます。

 

292J.jpg

 

本来、在宅医療は民間のクリニックが専門で行っていることが多いので、大学病院で在宅医療を提供している病院は希少です。東医療センター初期研修の特徴の一つですね。

何かしらの身体的、精神的、経済的理由で病院に通院できない方の診察を行っています。各御家庭に伺うので様々な人間模様が見えてきます。独居老人、老老介護、貧困、一家庭に2人以上の要介護者等々、自分が触れたことのない家庭環境に触れることになります。しかし、訪問診療・看護・介護の利用、医療保険・介護保険の有効活用によりその方々の経済状況、家庭環境に合わせた医療サービスが日々提供されていることも目の当たりにします。それにより各家庭が前向きに現状を捉えることができています。日本の社会保障制度のキメ細やかさを実感している日々です。

在宅医療をやりたいと今は思いませんが、ここでの経験が将来どこかの場面で役立つはずなので色々学んでいきたいです。

10月になりました(2017年10月16日)

研修医1年のAです。

寒くなりましたね。10月からローテーションの科が変わり忙しい毎日を過ごしています。研修が始まり早くも半年が経ちました。救急外来では1年目の研修医も一人でファーストタッチをするようになりました。ファーストタッチを数多く経験できるのが東医療センターでの研修の魅力です。

 

写真は寮最近飲みに行った時のものです。上野や西日暮里には美味しい居酒屋さんが多くありがたいです。

 

291A.jpg

291A2.jpg

 

 

2年目も折り返し(2017年10月13日)

研修医2年Iのです。

いよいよ新専門医制度の登録スタートとなり、同期や大学の同級生たちと落ち着かない毎日を過ごしています。

今月は放射線科で腹部のCTを見ていますが、以前はわからなかった構造や所見がだんだん見えるようになってきました。救急外来でCTを撮る機会を密かに楽しみにしています。もちろん、撮影などせず無事に帰宅できる方が良いのですが……。

 

写真は同期でディズニーシーへいったときのものです。

ちょっとずつ思い出作りも進行中です。

 

1507781639427.jpg