東京女子医科大学 東医療センター

HOME

診療部門紹介

リハビリテーション部

dr_kanbe.jpg

部長代行 内潟安子

リハビリテーション部はリハビリテーション医学を通して、患者ケア、コムニケーション能力、医学的知識、プロフェッショナリズム、多職種連携、社会貢献を中心としたコンピテンシーを高める医師教育の実践と運動器、脳血管リハビリなど地域基盤型リハビリテーションの診療および研究ができることを目標とする。

 

診察について

リハビリテーション部は各科との連携に努め、リハビリテーション医学会専門医、OT、PTとともに患者のニーズに即したリハビリ医療に貢献する。すべて予約制となっている。

 

特徴および特色

リハビリテーション部は、各診療科との専門職間連携においてチーム医療の中核を成している。従って、リハビリテーションの包括領域は幅広く、運動器、脳血管、心臓、癌リハビリなど非常に多岐にわたる。さらに教育、臨床、研究に発展している分野であり、特にリハビリテーション医学教育は知識、技能、態度の習得を中心にOutcome Based Education (OBE)に準じた、学習目標の設定と学習課程におけるアウトカムの評価をできるように研修プログラムの設定を考えている。すなわち、卒前教育、初期および後期臨床研修医には何を教えられたかではなく、何が出来るようになったのかを明確に出来る教育をしていきたい。そしてリハビリテーションを通して、リハビリテーション医のプロフェッショナリズムの育成に努め、何より患者本意の治療、患者の自律性、社会への貢献をリハビリテーション部の基本理念とする。