スマートフォン版はこちら>>

診療部門紹介

骨盤底機能再建診療部

写真

部長 巴ひかる教授

高齢化社会に伴い、より快適な毎日を過ごせることが望まれます。排尿障害や骨盤臓器脱など、生命にはかかわらなくても治療できることは治療して、生活の質を高めましょう。一般的な治療から最先端の治療まで取りそろえています。

診療内容

診療科の構成

排尿機能診療・一般泌尿器科

特徴および特色

女性の頻尿・尿失禁などを中心に、男女の排尿機能障害、骨盤内臓器の異常に対して精査し加療します。たとえば、子宮脱はメッシュを利用して子宮を摘出せずに治療します。

主な検査項目

  • 尿流動態測定検査(ウロダイナミックスタディー):
    尿流量測定検査、残尿測定、尿道内圧測定、膀胱内圧測定、直腸内圧測定、内圧尿流検査
  • 鎖膀胱尿道造影
  • 膀胱鏡
  • 腎盂尿管造影、逆行性尿管造影
  • 腹部超音波検査、経直腸的前立腺超音波検査、CT検査、MRI検査

主な手術・処置

腹圧性尿失禁根治術
中部尿道スリング手術(TVT手術・TOT手術)
骨盤臓器脱修復術
メッシュ利用膀胱脱修復術、子宮位置矯正術、直腸瘤修復術、膣断端脱修復術
間質性膀胱炎に対する治療
膀胱水圧拡張術、経尿道的潰瘍凝固術、膀胱内DMSO注入療法
男性腹圧性尿失禁に対する手術
人工尿道括約筋埋め込み術
前立腺肥大症に対する手術
経尿道的前立腺切除術
膀胱腫瘍に対する手術
経尿道的膀胱腫瘍切除術