スマートフォン版はこちら>>

診療部門紹介

内科

部長

部長 佐倉宏教授

すべての医師が内科全般にわたる優れた技術を持ちながら、高度な専門分野の診療を行っています。在宅医療から救急医療まで幅広く網羅する総合内科として、地域の皆様から信頼される医療を目指します。

診療内容

診療科の構成

総合内科(循環器内科、消化器科、神経内科、呼吸器科、腎臓内科、膠原病内科、糖尿病科、血液内科、心療内科、老年病内科等の各科専門医を含みます)

特徴および特色

各専門医がそろった総合内科形式であり、専門領域を超えて単一の科で診療を行っているため診療連携・協力体制が円滑かつ密に行えております。救急から慢性期疾患まで幅広く扱っており、高い専門性を有するだけでなく、幅広い総合診療能力をもつ内科医を育成しております。各診療科の垣根がなく、アットホームな雰囲気です。

主な検査項目

  • カテーテル・血管造影検査(心臓、肝臓)
  • 超音波検査(心臓、腹部・骨盤、甲状腺、頸動脈)
  • 内視鏡検査(上部、下部消化管、気管支鏡検査)
  • X線検査(上部・下部消化管造影)
  • 生理学的検査(心電図、運動負荷心電図(マスター、トレッドミル)
  • ホルター心電図
  • 24時間自動血圧測定(ABPM)

主な手術・処置

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)、経皮的末梢動脈形成術(PTA)、ペースメーカー植え込み術、経内視鏡的ポリペクトミー(胃・大腸)、(肝腫瘍に対する)肝動脈塞栓療法[TAE]・経皮的エタノール注入療法[PEIT]・経皮的ラジオ波焼灼術[RFA]、経皮的透析用シャント作製術、腹膜透析用カテーテル植え込み術 血液浄化療法(血液透析、腹膜透析、アフェレーシスほか)、胸腔穿刺・ドレナージ、腹腔穿刺・ドレナージ、心嚢穿刺・ドレナージ、腰椎穿刺、腹膜生検、経皮的腫瘍生検、一時的心臓ペーシング、腎生検、持続血糖モニター(CGM) など

特殊外来

  • 循環器外来(高血圧、冠動脈疾患、ペースメーカーなど)
  • 神経内科外来(神経、筋疾患)
  • 高齢者総合的機能評価[CGA](物忘れ)外来
  • 腎臓内科外来
  • 膠原病外来
  • 消化器外来(消化管、肝・胆・膵)
  • 呼吸器外来
  • 糖尿病外来
  • 血液内科外来
  • 心療内科外来

専門

循環器内科、消化器科、神経内科、呼吸器科、腎臓内科、膠原病内科、糖尿病科、血液内科、心療内科、老年病内科、感染症、血液透析のそれぞれの専門医、指導医が診療と学生、研修医、医療練士教育を担当しています

その他

大学病院でありながら、地域性からコモンディジーズの診療がかなりの割合を占めており、市中病院と同様の偏りのない内科研修を行うことが可能です。また、卒前・卒後の医学教育を重視して医局会での症例検討会、毎週金曜日の各科専門医のランチョンセミナーなどで、総合内科として質の高い診療レベル維持に努めています。