東京女子医科大学 東医療センター

HOME

診療部門紹介

形成外科(美容医療部)

写真

部長 井砂 司 教授
 

 







診療予約
美容医療部では、電話で診療予約を承っております。
電話 03-3810-1111(代表)
予約受付時間 平日14:00〜16:00
「形成外科外来」にて【美容医療外来】の予約をお取りください。
日暮里クリニックに受診歴のある方は、日暮里クリニックの診察券をご持参ください。

診療内容

しみ、しわ、たるみなどの加齢に伴う諸症状に対し、美容的・整容的改善を目的として
光治療(IPL)、各種レーザー、ヒアルロン酸製剤注入、
ボツリヌストキシン注射などによる治療を形成外科専門医が行なっています(医師施術)

Qスイッチルビーレーザー

02_suib.png
メラニンに吸光度の高い波長を有するレーザー光を皮膚に照射し、メラニンを破壊する方法です。
1回のレーザー照射である程度症状は改善されますが、しみの状態や肌質などにより効果に差が
あります。症状によっては複数回の照射が必要な場合があります。

【治療対象】
 *老人性色素斑、そばかすなどの一般的なしみ
 *色素性母斑、口唇の色素斑
 *太田母斑、後天性真皮メラノサイトーシス
 *刺青
【注意事項】
 1)通常は治療部位にかさぶたを生じるため約1週間〜10日間濃く目立ちます。
   かさぶたがはがれた後、炎症による赤みが1〜3ヶ月続くことがあります。
   この期間は特に日焼け止めの使用など紫外線対策を厳重に行なってください。
 2)洗顔、化粧は当日から可能ですが、化粧については治療部位だけは避けてください。
 3)強い日焼けをされている方は治療を延期する場合があります。
 4)紫外線や肌質の影響で照射後に一過性の「炎症後色素沈着」を起こすことがあり、
   軽快するまでに6ヶ月程度要する場合があります。
 5)過去に金製材やプラチナ製材の内服や美容手術で金の糸治療、
   プラチナコロイドの化粧品・サプリメント・飲料などの使用歴がある方はお知らせください。

光治療 (IPL)

01_ipl.png
広帯域の波長を発振するフラッシュランプを皮膚に照射する方法で、3〜4週間間隔で繰り返し
照射することにより徐々に効果が得られます。

【治療対象】
 *しみ、そばかす、肝斑、炎症後色素沈着
 *皮膚の質感や張りの低下、小じわ、キメの乱れ
 *毛細血管拡張症、赤ら顔

【注意事項】
 1)治療直後から数時間後まで軽い赤みやひりひりとする場合がありますが、
   治療当日より洗顔、化粧は可能です。
 2)しみや赤みが一時的に(1〜2週間程度)やや濃くなる場合があります。
 3)強い日焼けをされている方は治療を延期する場合があります。
 4)光恐怖症、光過敏症、光アレルギー、てんかんなどがある方はお知らせください。

 

 

炭酸ガスレーザー

04_tgl.png
レーザーにより皮膚表面の小腫瘤や色素斑を蒸散させる方法で、
通常、一度の治療で隆起や色調はほぼ改善します。

【治療対象】
 *ほくろ、疣贅(いぼ)、汗管腫、脂腺増殖など
【注意事項】
 1)ほくろやいぼのタイプによっては細胞が皮膚の深部まで存在するため、
   再発することがあります。
 2)治療部位は小さな傷になります。傷痕は徐々に目立たなくなっていきますが、多少残ります。
   傷痕が目立って残りやすい体質(ケロイド体質)の方は治療前にお知らせください。
 3)当日から洗顔は可能ですが、治療部位は傷が治るまで1-2週間軟膏の塗布が必要です。
 4)傷が治った後、治療部位に赤みや凹み、色素沈着が目立つことがありますが、
   次第に改善します。
 5)高血圧、心疾患、脳血管疾患などの持病のために抗凝固薬や血流改善薬(ワーファリン、
   バファリンなど)を服用中の方はお知らせください。

 

フラクショナルレーザー

03_fl.png
レーザーの微小な光束を一定の間隔をあけて皮膚に照射する方法で、繰り返し照射することにより
効果が得られます。当院ではダウンタイムがほとんどないレーザーを採用しています。

【治療対象】
 *皮膚表面の凹凸、質感や張りの低下
 *小じわ、毛穴の開大
【注意事項】
 1)約1ヶ月毎に5、6回を目安に複数回照射します。
   にきび痕や傷痕の改善は、より多くの治療回数を要します。
 2)照射による痛みを軽減するため、照射前に局所表面麻酔剤(クリーム)の塗布を行い、
   麻酔効果を確認してから照射を行ないます。
 3)照射直後は全体に赤みと腫れが生じます。
   腫れは2、3時間から1日、赤みは数日間続くことがあります。
 4)小さいにきびのような皮疹ができる場合があります。
   また治療後は炎症後色素沈着を起こすことがあり、
   軽快するまでに数ヶ月程度要する場合があります。
 5)洗顔は当日より、化粧は翌日より可能です。
 6)にきびが治っていない状態でも治療には差し支えありません。

 

ヒアルロン酸注入

顔のしわや凹凸などの修正目的でヒアルロン酸を皮膚、皮下、骨膜上などに注入する方法です。
ヒアルロン酸は非動物性、吸収性で安全性の高い組織充填剤のひとつです。

【治療対象】
 *しわ、たるみ(下眼瞼、法令線、マリオネットラインなど)
【注意事項】
 1)注入したヒアルロン酸は徐々に吸収されるため治療効果の持続時間は約6ヶ月で、
   長くても1年です。
 2)治療直後は触るとしこりや違和感を感じる場合がありますが、徐々に改善します。
 3)内出血が起こる場合があります。内出血は通常1〜2週間で徐々に改善します。
 4)まれにヒアルロン酸に起因すると思われるアレルギーや細菌感染、皮膚壊死、
   肉芽腫(しこり)が生じることがあります。
 5)妊娠、授乳中、膠原病の既往のある方には治療を行なうことはできません。
 6)高血圧、心疾患、脳血管疾患などの持病のために抗凝固薬や
   血流改善薬(ワーファリン、バファリンなど)を服用中の方はお知らせください。
 7)洗顔や化粧は当日より可能です。

 

ボツリヌストキシン注射

顔のしわなどの治療目的でボツリヌス菌が作り出すA型ボツリヌストキシンという天然のタンパク質を
有効成分とする薬剤を表情筋や皮膚に注入する方法です。副反応や副作用を生じる可能性がありますが、ボツリヌス菌に感染することはありません。

【治療対象】
 *眉間、額、目尻、上口唇などの表情じわ
 *咬筋肥大
【注意事項】
 1)治療後、効果が現れるまでに、数日程度(咬筋治療の場合2〜3週間)かかります。
 2)治療効果の持続時間は4ヶ月〜約1年(平均約6ヶ月)です。
   効果消失後は治療前の状態に戻ります。
 3)眉間や額の治療では、まぶたが重くかぶさった感じや頭重感、
   眉毛の位置の変化や一時的な表情の変化を感じることがありますが、
   1週間から1ヶ月程度で消失していきます。
   咬筋の治療では施術後しばらくの間、奥歯で硬いものが咬みにくいなどの症状が生じます。
 4)内出血が起こる場合があります。内出血は通常1〜2週間で徐々に吸収されていきます。
 5)男女を問わず、治療中は3ヶ月間避妊が必要です。
 6)全身性の神経および筋肉の病気、喘息、緑内障で治療中の方、高血圧、心疾患、
   脳血管疾患などの持病のために抗凝固薬や血流改善薬(ワーファリン、バファリンなど)を
   服用中の方、抗生剤や筋弛緩剤、精神安定剤を服用中の方はお知らせください。
 7)洗顔や化粧は当日より可能です。

 

診療費用(税別)

 初診料(カウンセリング料含む)4,000
 再診料 1,100


  ※日暮里クリニックの形成外科を含む他診療科の受診歴がある方でも、
   美容外科の初回受診時には上記カウンセリング料がかかります。

 

 しみ治療

Qスイッチルビーレーザー

5o未満

\10,000

以下、大きさ・範囲による

10o未満

\20,000

 

20o未満

\30,000

 

25o未満

\40,000

 

20o未満

\50,000

 

35o未満

\60,000

 

35o以上

\70,000

 

IPL 

全顔

\35,000

 

 

 ほくろ

炭酸ガスレーザー、高周波メス

2o未満

\10,000

以下、大きさ・範囲による

3o未満

\20,000

 

5o未満

\30,000

 

7o未満

\40,000

 

7o以上

\50,000

 

 

 いぼ

炭酸ガスレーザー、高周波メス

2o未満

\5,000

※1カ所の場合、同時に2ヶ所以上をご希望の場合はご相談ください

5o未満

\10,000

10o未満

\20,000

15o未満

\30,000

15o以上

\40,000

*下眼瞼汗管腫 片側 \20,000

 

 しわ治療

フラクショナルレーザー

全顔

\45,000

 

両頬・鼻

\35,000

 

ニキビ痕、傷痕、
皮膚線条など

\10,000〜

大きさ・範囲による

ヒアルロン酸注入

法令線、マリオネットライン、眼の下のクマなど

\70,000〜

注入本数による

ボツリヌストキシン注射

1部位
(眉間・額・目尻など)

\50,000
(各)

 

2部位
(眉間+額など)

\60,000
(合計)

 

3部位
(眉間+額+目尻など)

\70,000
(合計)

 

咬筋肥大症

\100,000

片側のみの場合は\50,000