手術デバイス・ロボット

脳神経外科領域のみならず、様々な外科治療の領域で術者に「新しい手・頭脳」を提供し、精密で安全な手術を実現する技術の開発を行っています。

術者の「新しい手」の技術として、手術ロボットや多機能手術器具の開発を行っています。

人間の手を超えた精密さ・作業分解能・操作性を実現するレーザ手術ロボットやマスタスレーブマニピュレータ、超音波やレーザを用いた新たな手術デバイスの開発など、脳神経外科、腹部外科、心臓血管外科を始めとする様々な治療を支援する機器の研究開発を行っています。

  • 細胞シート移植用マニピュレータ
  • マイクロレーザ手術ロボット
  • 多自由度超音波凝固切開装置
  • MRI用小型手術ロボット
  • 脳外科用マスタ・スレーブマイクロマニピュレータ
  • 3Way Bipolarシステム
  • 小型カプノメータ