先端生命医科学研究所の所長業務について

先端生命医科学研究所の所長業務について

所長代行・教授  清水 達也

 先端生命医科学研究所では、岡野光夫教授(現在学長付特任教授)が定年により2014年3月31日に所長を退任しました。後任として大和雅之教授が所長に着任することが決定しましたが、大和教授が2月5日に都内で脳出血を発症、手術と入院加療のため着任困難となったことを受け、4月1日より清水が所長代行を務めてまいりました。大和教授は8月に長期療養を経て職場復帰し一部の業務を再開しましたが、その負担を考慮し、当面の間、先端生命医科学研究所所長は引き続き清水が代行を務めてまいります。