細胞シート工学

温度応答性細胞培養容器

 中心研究者が独自に開発したティッシュエンジニアリング技術「細胞シート工学」の特徴は、温度応答性ポリマーを培養基材にナノメートルレベルで固定化した表面(ナノバイオインターフェイス)を作製できる技術にあります。温度応答性ポリマーは、32℃付近以上で疎水性に、それ以下の温度では親水性となる特性があります。(図1)そのため、培養時(37℃)では細胞が接着可能な疎水表面を維持することができ、培養後に温度を室温程度(20~25℃)に下げることで酵素(トリプシン等)処理を行うことなく細胞を回収することができ、コンフルエントまで培養した細胞は細胞外マトリクス(ECM)を保持したまま(細胞シートとして)回収することが出来ます。(図2)

温度応答性ポリマーの特性
図1. 温度応答性ポリマーの特性
(poly(N-isopropylacrylamide) )

温度応答性基材からの細胞シート回収原理
図2. 温度応答性基材からの細胞シート回収原理

再生医療のプラットホームとしての細胞シート工学

 細胞シートは身体のどの部位の細胞(細胞ソース)からも作製することができるという点が大きな特徴です。そのため、細胞シート工学はES/iPS細胞を含む全ての細胞ソースにて治療手段として応用が期待できる再生医療のプラットホーム(基盤)技術と考えられています。

 細胞シートは酵素処理を受けていないので細胞本来の機能も失われることなく保持しており、得られた細胞シートは生体組織へ速やかに生着する特徴を有しており、複数の細胞シートを積層させ細胞シート同士を接着させることもできます。この技術を用いることで、細胞シートを積層化し厚みのある組織・臓器を作製することが研究されており、新たな再生医療技術として期待されております。

細胞シート工学