医療環境支援システム

医療の品質安全を担保するためには、手術中に発生する事象の正確な記録と分析、対策立案と実施、そして監査が必要となります。我々は手術のプロセス解析・改善を支援するシステムの開発を行っています。

また、これからの先端手術は手術戦略システムの管理下で、術前・術中のプランニングと手術デバイスの稼動状況をリアルタイムに管理し、目標に向かうロードマップ(戦術)を最適化しながら、目的を達成することに他なりません。これらをコントロールする「新しい頭脳」となる手術戦略デスクについての研究開発を行っています。

  • 手術安全支援システム
  • IEMAS (Intraoperative Examination Monitor for Awake Surgery)
  • 戦略デスク・遠隔モニタリング
    • ガンマナイフでの遠隔患者モニタリングシステム
    • インテリジェント手術室での遠隔モニタ・コントロールシステム
  • 看護業務での新しいエラー要因抽出評価法
    • 転倒・転落要因の解析と防止センサーの開発
    • E-ナイチンゲール