Achievements

2011 Original Papers

2011 Review Papers

  • M. Nakayama and T. Okano, "Multi-targeting cancer chemotherapy using temperature-responsive drug carrier systems", REACTIVE & FUNCTIONAL POLYMERS, 71(3), 235-244(2011).
  • Y. Haraguchi, T. Shimizu, M. Yamato, R. J. Hunter, T. Okano, "Cell Sheet Nanotechnology: Engineering and Applications to Cardiology", Nanomedicine and the Cardiovascular System, 25-44(2011).
  • H. Kanazawa, T. Okano, "Temperature-responsive chromatography for the separation of biomolecules", Journal of Chromatography A, 1218, 8738-8747(2011).
  • Matsuura K., Hagiwara N. The pleiotropic effects of ARB in vascular endothelial progenitor cells, Curr Vasc Pharmacol. 9(2), 153-157 (2011)
  • Izumi Y., Aoki A., Yamada Y., Kobayashi H., Iwata T., Akizuki T., Suda T., Nakamura S., Wara-Aswapati N., Ueda M., Ishikawa I. Current and future periodontal tissue engineering, Periodontol 2000. 56(1), 166-187 (2011)
  • K. Kim†, K. Ohashi*, T. Okano, "Cell sheet engineering technology utilizing temperature responsive culture dish.", Polymer Science and Technology, 22(1):9-13(2011)
  • T. Duncan, Y. Tanaka, D. Shi, A. Kubota, A. Quantock, K. Nishida, "Flow-manipulated, crosslinked collagen gels for use as corneal equivalents", International Journal of Experimental Pathology, 92(3):A22-A23(2011)
  • Y. Haraguchi†, T. Okano*, T. Shimizu, M. Yamato, "Regenerative therapies using cell sheet-based tissue engineering for cardiac disease", Cardiology Research and Practice, 2011:1-8(2011/10)
  • 大和雅之, 岡野光夫. 特集:幹細胞治療 幹細胞研究・臨床応用の歴史・現況, 日本臨牀. 69(12), 2103-2108 (2011)
  • 大和雅之. 治癒効果が高い再生医療 2050年にはメジャーな治療法に!?, 医療タイムス. (2003), 8-9 (2011)
  • 大和雅之. インテリジェント表面を用いた細胞および細胞シートマニピュレーション技術の開発とその臨床応用に関する集学的研究, バイオマテリアルー生体材料ー. 29(1), 27-34 (2011)
  • 大和雅之. 再生医療本格化のための細胞シート工学, 日本気管食道科学会会報. 62(2), 83 (2011)
  • 大和雅之. 再生医療の最前線:制度的枠組みとヒト臨床応用, JST中国化学技術月報 中国・日本化学最前線. 501-504 (2011)
  • 大和雅之. 温度応答性培養表面を用いた再生医療本格化のための細胞シート工学, 表面科学. 32(9), 563-568 (2011)
  • 大和雅之. 絶滅危機品種であるヒト細胞生物学者の再生医療における存在意義, 日本再生医療学会雑誌. 10(4), 11 (2011)
  • 大和雅之. 再生医療法の立法化に向けて, 医薬ジャーナル. 47(10), 65-68 (2011)
  • 大和雅之. 図説:組織工学と再生医療の現状と展望, 日本臨牀. 69(12), 2098-2101 (2011)
  • 大木岳志, 大和雅之, 岡野光夫, 山本雅一. 食道内視鏡治療のための食道上皮の再生医療, Medical Science Digest. 37(8), 23-26 (2011)
  • 近藤誠, 大和雅之, 高木亮, 村上大輔, 大木岳志, 金井信雄, 太田正穂, 並木秀男, 山本雅一, 岡野光夫. 細胞シート工学による粘膜再生, 治療. 93(4), 689-695 (2011)
  • 鷲尾薫, 葭田敏之, 妻沼有香, 岩田隆紀, 岡野光夫, 石川烈. "再生医学のいまー基礎研究から臨床への展開に向けてー53- 歯根膜細胞シートを用いた歯周病治療", 南山堂. 93(10), 2130-2135 (2011)
  • 高橋宏信, 清水達也. 心筋再生(2):細胞シートによる心筋再生の新展開, バイオマテリアルー生体材料ー. 29(3), 185-190 (2011)
  • 保田典子, 清水達也. 細胞シートによる再生医療, M.P. (Medical Practice). 28(7), 1302-1303 (2011)
  • 中山正道, 岡野光夫, ウイニック フフランソワ. 細胞シート組織工学のためのポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)修飾スマート表面, Material Matters. 5(3), 4-6 (2011)
  • 辰巳公平. Essaysバイオマテリアルの夢を語る「医学・工学の真の連携を目指して」, バイオマテリアル ー生体材料ー. 29(3), 210 (2011)
  • 井坂珠子, 神崎正人, 吉川拓磨, 前田英之, 大貫恭正. 嚢胞内に進展した肺腺癌の1例, 胸部外科. 64(2), 162-164 (2011)
  • 梅本晃正, 大和雅之, 江藤浩之, 西田幸二, 中内啓光, 岡野光夫, "Integrin avb3 is the marker and the regulator for Tissue-Specific stem cell", Cytometry Research, 21(1):19-23(2011)
  • 江上美芽, "特集 2010年問題の解決策を考える 日本発を世界に 先端医療を実現する自主自立開発体制の構築", Drug Delivery System, 136(Vol.26 No.2):88-98(2011)
  • 大木岳志, 大和雅之, 岡野光夫 , 山本雅一, "食道内視鏡治療のための食道上皮の再生医療", Medical Science Digest, 37(8):23-26(2011)
  • 江上美芽, "先端医療特集「先端医療の実現に向けた産官学連携・国際連携」", 月刊Bio Industry, (2011)
  • 高木亮, 大木岳志, 大和雅之, 山本雅一, 岡野光夫, "Reconstruction of esophageal mucosa with cultured epithelial cell sheet", 細胞, 43(8):299-302(2011)
  • 関根秀一、清水達也、岡野光夫, "細胞シートの重症心不全治療への適応", 適応医学, 14:11-8(2011)
  • 江上美芽, "リポート 産学官政で再生医療の産業化を議論欧州、アジアに劣らぬ積極策求める -米国Translational Regenerative Medicine Forum-", 日経バイオテク, (713):37-39(2011)
  • 江上美芽, "医工連携TWIns [日本発世界発を目指すバイオメディカル結集型研究開発拠点]", Bio Express, 1(創刊号):1-3(2011)
  • 大和雅之, "再生医療 治療技術の製品化に遅れ", 読売新聞, (2011)
  • 大和雅之, "米ベンチャー1年で治験撤退 ES細胞、事業化難しく", 日本経済新聞, (2011)
  • 朴栄光, 梅津光生, "【医療教育シミュレーションシステムの現状と今後の展望-日本発医療教育シミュレーション-】 冠動脈バイパス手術訓練シミュレータの開発と国際展開", 医工学治療, 23(2):111-115(2011/06)
  • 江上美芽, "リポート「産学官政で再生医療の産業化を議論欧州、アジアに劣らぬ積極的策求める -米国Translational Regenerative Medicine Forum」", 日経バイオテク, (713):37-39(2011/06)
  • 大木岳志†, 大和雅之, 太田正穂, 高木亮, 近藤誠, 金井信雄, 中村努, 岡野光夫, 山本雅一*, "(消化器領域における再生医工学)食道:細胞シートを用いた食道再生", G.I.Research, 19(4):364-369(2011/08)
  • 有賀淳†, 高源ゆみ, 酒井麻友子, 小寺由人, 山本雅一*, "超低付着性細胞培養機材HydroCellTMを用いた樹上細胞の培養", 癌と化学療法, 38(12):1912-1914(2011/11)
  • 江上 美芽, "医工連携TWIns [日本発世界発を目指すバイオメディカル結集型研究開発拠点]", Bio Express, (創刊号):1-3(2011/11)
  • 大和雅之†, "組織工学的尿道再建で良好な長期予後を達成", MMJ, 7(4):210(2011/12)
  • 松浦勝久†, 清水達也, 岡野光夫, "iPS細胞由来心筋シート工学", 医学のあゆみ, 239(14):1352-1356(2011/12)
  • 菊地鉄太郎†, 和田昌憲, 水谷 学, "細胞シート自動積層化装置が開く再生医療", 医療機器学, 81:452-458(2011/12)
  • 清水達也†, "臓器創生に向けた基盤技術の開発", 医療機器学, 81:430-433(2011/12)
  • 岡野光夫†, "特集に向けて", 医療機器学, 81:428-429(2011/12)

2011 Books

  • M. Yamato, S. SjÖqvist, "Chapter 8 Basic Considerations with Cell Sheets", Tissue Engineering in Regenerative Medicine, Harold S. Bernstein Editor, Humana Press, 143-159(2011)
  • Chang D., Okano T. Medical applications of cell sheet engineering, Comprehensive Biomaterials 5, 405-419 (2011)
  • I. Ishikawa, "Recent Advances in Surgical Technology", Carranza's clinical periodontology, , Elsevier Saunders, 11,,601-607(2011)
  • T. Iwata, M. Yamato, T. Okano, "Tissue Engineering Using a Temperature-Responsive Cell Culture Dish", Methods in Bioengineering: Cell Transplantation, Alejando Soto-gutierrez (編集), Nalu Navarro-alvarez (編集), Ira J. Fox (編集), Artech House, 1,,23-33(2011/05)
  • Y. Haraguchi, T. Shimizu, M. Yamato, T. Okano, "Cell sheet nano technology engineering and applications to cardiology", Nanomedicine and the Cardiovascular System, Ross J. Hunter, Victor R. Preedy, Science Publishers, CRC Press, 25-44(2011/10)
  • 大和雅之, "再生医療の最前線:制度的枠組みとヒト臨床応用", 中国・日本科学最前線 -研究の現場から-, 独立行政法人 科学技術振興機構 中国総合研究センター, 501-504(2011), ISBN978-4-88890-310-3
  • 大和雅之, "第Ⅱ章 2-3細胞シート工学", 臨床工学ライブラリーシリーズ5 新版 ヴィジュアルでわかるバイオマテリアル, 秀潤社, 102-102(2011), ISBN978-4-7809-0845-9
  • 松浦勝久, "細胞治療によるパラクライン効果", Annual Review循環器, 山口徹・高本眞一・小室一成・佐地勉, 中外医学社, 27-35(2011)
  • 大和雅之, "第Ⅴ章 再生医療に対する期待", ウェルエイジングのための女性医療, 太田博明編集, メディカルレビュー社, 初版,,263-268(2011)
  • 岡野光夫, "欧州を知恵として、日本の医療界の課題と未", ケアリング, , 株式会社シルバーストーン, 0(2011)
  • 大和雅之, "第2章ものづくりとしての細胞シート工学", バイオテクノロジーシリーズ ものづくり技術からみる再生医療 -細胞研究・創薬・治療-, 田畑泰彦監修, シーエムシー出版, 第1刷,,106-116(2011)
  • 岡野光夫, "櫻井靖久先生を偲んで", バイオマテリアル4月号・櫻井先生追悼文, , 不明, 1-2(2011)
  • 岡野光夫, "3. 再生医療分野", 科学技術・研究開発の国際比較 2011年版, , 不明, 36-42(2011)
  • 岡野光夫, "21世紀の新医療:再生医療", 機関紙「日本教育」, , 日本教育会, 0(2011)
  • 岡野光夫, "夢の医療「細胞シート工学」への挑戦", 月刊MOKU3月号, , MOKU出版株式会社, 45-53(2011)
  • 岡野光夫, "第10講座2 日本の挑戦 ~21世紀の再生治療~", 検証医療産業イノベーション, , かんき出版, 320-331(2011)
  • 石川烈, "Er:YAGレーザーの特性", 歯周治療・インプラント治療における Er:YAGレーザーの使い方, 和泉 雄一, 青木 章, 石川 烈, 医学情報社, 1,,13-16(2011)
  • 大和雅之, "第2章 2 細胞シート工学による人工肝臓", 新材料・新素材シリーズ ソフトナノテクノロジーにおける材料開発, 監修 田中順三、下村政嗣, シーエムシー出版, 普及版第1刷,,116-126(2011)
  • 岡野光夫, "櫻井靖久先生を偲んで", 生体医工学(49巻4号), , 不明, 0(2011)
  • 岡野光夫, "第5編第2章 細胞シート工学による機能性組織の構築", 先端バイオマテリアル, , (株)エヌ・ティー・エス, 0(2011)
  • 岡野光夫, "細胞シート再生治療を支援する自動培養三次元化システム", 日本臨床検査自動化学会会誌, , 不明, 0(2011)
  • 辰巳 公平, "Essays バイオマテリアルの夢を語る 医学・工学の真の連携を目指して", バイオマテリアル-生体材料-, , 日本バイオマテリアル学会, 29,210(2011/08)
  • 江上美芽, "第4編:再生医学から再生医療へ-産業化に向けて-「第1章 再生医療の産業化と課題解決に向けた努力」", 「ものづくりからみる再生医療 -細胞研究・創薬・治療-」, 京都大学 教授 田端泰彦, シーエムシー出版 書籍企画, 255-263(2011/11)

2011 Awards

  • 第3回日本再生医療学会 Young Investigator's Award (基礎研究部門優秀賞), 第10回日本再生医療学会総会 2011.3.1-2
    ・関根秀一, "虚血性心疾患に対する細胞移植と細胞シート移植の比較"
  • 第3回日本再生医療学会 ベストポスター賞, 第10回日本再生医療学会総会 2011.3.1-2
    ・小保方晴子, "三胚葉由来組織に共通する成体幹細胞の探索"
  • First Place Winner, McGowan Institute 2011 Annual Scientific Retreat 2011.3.6-8
    ・Jyunji Komori, Kazuo Ohashi, Kohei Tatsumi, Teruo Okano, Eric Lagasse, "Liver Regeneration and Organogenesis from an Engineered Hepatic Cell Sheet"
  • Young Investigator Award(YIA), XXIII Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH) 2011.7.23-28
    ・Kohei Tatsumi, "Propagation and Genetic Modification of Autologous Hepatocytes toward Gene and Cell Therapy for Hemophilia B"
  • 第33回日本バイオマテリアル学会 ポスター発表若手研究者 大会長賞, 第33回日本バイオマテリアル学会 2011.11.21-22
    ・坂口勝久, 田中裕也, 洞口重人, 清水達也, 岩崎清隆, 大和雅之, 梅津光生, "微小流路付きコラーゲンゲル培養における血管網導入三次元心筋組織の構築"
  • 第38回日本臓器保存生物医学会 会長賞, 第38回 日本臓器保存生物医学会 2011.11.25-26
    ・辰巳公平, "慢性肝疾患治療を目指した間葉系幹細胞の肝臓への新たなデリバリー法の開発"
  • American Society for Cell Biology (ASCB) Predoctoral Travel Award, American Society for Cell Biology (ASCB) 51st Annual Meeting (第51回米国細胞生物学会) 2011.12.3-7
    ・Makoto Kondo, "Retinoic acid controls cultured and harvested epithelial cell sheet's shrinkage via the regulation of actomyosin contraction"
  • ASH Abstract Achievement Award, 2011 ASH Annual Meeting and Exposition 2011.12.10-13
    ・Jun Ishihara, "Nov/CCN3 Enhances Long-Term Repopulating Activity of Mouse Hematopoietic Stem Cells Via Intergin β3 Signaling Collaborating with Thrombopoietin"