先端医療イニシアティブ活動報告 ~未来医学研究会 代表団訪中レポート~

| 代表団訪中に関して / 岡野光夫 | 代表団訪中レポート / 森・安田 | 中国新華社報道 |

代表団訪中に関して

未来医学研究会
会長 岡野光夫

 世界の医療が大きく動く中で、老人化が急速に進む我が国にとって21世紀医療を牽引する先進医療は緊急かつ重要な国家戦略課題となっています。日本のテクノロジーが世界の患者の救済に大きな貢献を果たすべく未来医学研究会をグローバル視点から発展させていくべく理事会での活動が開始されています。森清一副会長をリーダーに安田章夫理事がサブリーダーとなり、先端医療イニシアティブが未来医学研究会の中で活動をスタートさせていることは既に報告した通りです。
 平成23年9月、中国を訪問し大学と大学病院を見て率直に思うことは、もう中国はハード面では完全に日本に追いついたということです。病院の建物、手術室どれも昔の中国をイメージできないくらい近代化しています。一方、研究については、建物は素晴らしくなっていますが、ソフト面についてはまだまだのように思われました。研究者とプロジェクトのソフトの中身が革新するには時間がかかりそうに思いますが、我々が考えているよりも圧倒的に早くにキャッチアップするのは間違いないでしょう。
 私の友人のミシガン大薬学部教授Victor Yangが天津大学に新しいラボを作ったのは4~5年前のことでした。そのときに見た北京、天津とはまるで異なる雰囲気があり、中国の近代化は目に見える形で大きく進んでいます。Yang教授が天津医科大学の薬学部長となったこともあり、学会に私を招待してくれたこともあり、天津に数日間滞在しました。人々はニコニコと明るく、今日よりも明日は必ず良くなることを信じて活き活きと生きている様子は、日本の人達とは異なるものでした。天津大学のキャンパスはきわめて広大、東大キャンパスよりも何倍も大きいものです。また、天津医科大学も立派なキャンパスを作り、近代的なビルを作って教育・研究に力を注いでいます。
 天津医科大学が1200名の医学生(毎年200名の医師を作る)をかかえる一方、1420名(毎年260名程度の医師を作って自国に戻している)の留学生を医師とし、医師不足のアジアの各国に医療基盤の医師作りから支援し、感謝される貢献をしていることは驚きです。我が国は医師不足でも医師過剰を危惧して医学生の定員の見直しにきわめて消極的であることを考え合わせると、1億2千万人の日本人の医療を担当するだけが医師の仕事なのか考えさせられてしまいます。世界の患者を救う日本人医師がどんどん出てくることは日本人が世界から尊敬され、永く世界から大切にされる民族であることになると思われます。産業界の優れたテクノロジーを医療に応用、発展させる領域はリスクばかりが議論され、それを促進させない安易な道を選択し続けてきた日本の厚生労働省、またそれに対し真摯な対決、議論をしてこなかったアカデミアと産業界に大きな反省をうながしています。日本では、行政、アカデミア、産業界が緊密な連携と患者のための政治と既成に基づき、21世紀の先端医療に取り組むべきだと思っています。
 既に案内を出しているように未来医学研究会は約30名の訪問団(団長大和雅之、副団長安田章夫)を中国に送ります。これを可能にすべく、森清一副会長の多大なるご支援とご尽力のあったことをここに記して謝意を表したいと思います。
 未来は私たちが作るのであって、私たちが未来を変革することができます。患者のためにテクノロジーを大きく発展させ、21世紀の先端医療を実現していくのは、私たち、未来医学研究会の志ある仲間達であるに違いないと信じています。


▲ページ最上部へもどる

代表団訪中レポート

≪日程≫    2011年9月21日~28日 天津、北京、上海
≪メンバ≫   団長・岡野先生、森副会長、常先生、安田理事(以上、未来医学研究会)
           中野事務局長(日中文化交流協会)
≪レポート≫  森、安田

≪訪中目的≫
 再生医療、先端医療を軸として日本とアジアの国々の交流のパイプを構築する。30年、50年の計で物事を睨み、アジア共成長の礎を築く。先端医療を進めながら多面的な未来医療システムをトータルでデザインできることを実現する。人材交流、情報交流を通じて若い人を育て、30年、50年の計で交流を重ね、成長の礎を築く。このためにまず日本と中国の間で交流のチャンネルを構築する。

・  ・  ・  ・  ・

 今回の代表団訪中は先端医療イニシアチブの活動の一環として行った。本年3月の未来医学研究会総会での報告のように2011年3月の森副会長、安田理事の訪中(天津、北京、上海)をベースとして、岡野先生を団長とする代表団で具体的な日中の交流チャンネル構築について話合った。今回の活動が11月に予定されている外務省企画の2011日本青少年訪中代表団第2陣への未来医学研究会メンバー約30名からなる学術研究者分団派遣に繋がり、日中国交正常化40周年でもある来年の春に予定をしている第1回日中先端医療シンポジウム開催にさらに大きく展開していく。

・  ・  ・  ・  ・

≪先端医療イニシアチブについて≫

・ 組織体制:
日本側は社団法人未来医学研究会が担い、未来医学研究会の中に先端医療イニシアチブを立ち上げた。2011年度年次総会承認。 幹事会リーダー森副会長、サブリーダー安田理事。メンバー:水野副会長、常先生
日中文化交流協会が両国間のパイプ役を務める。中国側は人民対外友好協会が窓口となり、大学、病院、企業等からなる研究会を設ける予定。

・ 活動内容:
再生医療、先端医療を軸として多面的な分野(治療、診断、標準化、産業化、医療体制、医療制度、医療資格)について日中で情報交換、人材交流を行う。
TWInsでの研修、ワークショップ、人材育成プログラムの設立。

▲ページ最上部へもどる

レポート

 今回の訪中での主な訪問先と議論のポイントを以下にまとめる。

 9月21日、代表団は北京空港で中国側のホストである中国日本友好協会友好交流部 張氏に迎えられる。高速鉄道で天津に到着。天津市人民対外友好協会副会長 劉氏(天津市人民政府外事弁公室副会長を兼務)の招待を受ける。
 ここで、劉氏より天津を中国の医療改革のモデル都市としたい。未来医学研究会との交流を深め、協力を得たいとの要望を頂戴した。具体的な事項としては、
  1)  医療保険制度、規制を含めた医療体制改革について議論をしていきたい。
  2) 先端医学、医療技術の交流、技術の導入もしていきたい。
  3)  医師、研究者、エンジニア(産官学)の人材交流を推進したい。

そのためにも未来医学研究会についてもっとよく教えて頂きたいという要望であった。


岡野先生と劉副会長

発展著しい天津市内、レトロとモダンの調和を目指す


 天津医科大学総医院視察、打ち合わせ。王国林副院長によるご案内。写真は会議の様子とオープンMRIが装備された手術室を見学。設備は日本とほぼ同等レベルの充実である。今後はソフト面の充実、先端装置を使いこなす人材の育成が課題であろう。


天津医科大学総医院副院長との打ち合わせ

オープンMRI設備


 天津医科大学眼科中心(眼科センター)訪問。アジアは目の病気が多く、患者さんも多い。外来患者が一日800人。フェムト秒レーザを含むレーシックの設備も有する。ここでは、具体的にセルシートを用いた角膜再生治療について技術導入を行い、治験へと進むことを進める方向で話がまとまった。医師のトレーニング、角膜セルシートの作製設備などが必要となる。韓教授がCPCをデザイン中とのことであった。2,3年の時間軸か。


天津医科大学眼科中心

左より、楊教授、岡野先生、趙副院長、魏副主任


 天津医科大学副校長 女兆(女は片)教授、国際交流処 処長郭教授らと会談。天使医科大学では中国外の医学部留学生(インド、パキスタン、スリランカなどが多い)を全学年で1400名ほど受け入れている。中国国内の学生は全体として5000人規模とのことである。これだけの規模の留学生を受け入れていることは、将来に向けての中国の近隣国への投資になる素晴らしい活動である。


天津医科大学メンバーと代表団

天津市の将来ビジョンが大きな模型として展示

 天津は天津市、天津医科大学と未来医学研究会の日中連携構想に対して大変協力的であり、大歓迎の意思表示を頂いている。

 24日の夜には天津から北京に高速鉄道で移動した。
 北京大学工学院生物医学工程系謝教授および学科長の任教授と会談した。Department of Biomedical Engineering は2005年に設立された。教授5人、associate Prof.4人、修士学生50人、博士課程30人規模。米国のジョージア工科大学とジョイントPhDプログラムを締結している。(ちなみに精華大学はジョンズホプキンス大学と同様なプログラムを進めている)米国での医療工学の第1位はジョンズホプキンスで2位はジョージアテック大学とのこと。任教授からはTWInsとの交流の希望が強かった。岡野先生としては、まずは、学生の人材交流あたりから進めるのがよいと思われるとのコメントであった。


北京大学Dept. of Biomedical Engineering,
任学科長と謝教授

北京大学構内にある池と塔の風景
 


 北京の中国人民対外友好協会の井副会長からのご招待を受け、程友好交流部部長、張氏と代表団メンバーで会食。日曜日の晩にもかかわらず時間を頂戴したが、代表団としては有意義な交流の場であった。未来医学研究会の訪中目的である日中での先端医療、再生医療を軸とした交流を実現するというビジョンを支持してくださり、3月に引き続き今回9月の訪中時のコンタクト、アレンジ、通訳に至るまで大変お世話になった。日中文化交流協会と中国人民対外友好協会のサポートがなければ今回の訪中も実現はしなかったと思う。

 北京では、精華大学第1付属病院の呉院長を訪問した。3月に続く2回目の訪問である。呉院長は心臓外科では高名な先生。

 岡野先生より、細胞シートの説明に続き、アジア主導の先端医療についてのビジョンを伝えた。すなわち、GMPなど欧米方式だと何百億円も費用がかかる。これだとアジアの企業は手が出せない。コストを安く、ひとりでも多くの人を救える医療を実現したい。これをアジアから発信する。医療デバイスではアジアが世界をリードしたい。細胞シート治療は薬事法に縛られずに進めたい。サイエンスに基づくことが大事で、国際的なコラボが必要である。
 呉先生より、協力していきたい。治らない患者を治すのは素晴らしい。中国でも細胞シート治療が適用される患者は数多くいるので、細胞シートを使っていきたいと思う。
→ 細胞シートをアジアでちゃんと使っていけるようにしたい。日中で協力して欧米の追従を許さないような新しい医療を実現したい。というところでまとまった。


精華大学第1病院訪問

手術室見学(装置は日本並みの充実)


 26日の夜に最後の訪問地上海に夕刻到着。上海交通大学国際合作与交流処主任 許准教授と情報交換。中国では天津大学、上海交通大学の順で歴史がある。交通大学の交通はコミュニケーションの意。医学部の学生数は上海交通大は350人/一学年、フタン大学も350人/一学年、同済大も同様。一学年1000人を超える医師が上海からだけでも毎年生まれている。


上海 浦東の夜景、節電は何処のことか?

 


 上海の最初の訪問病院は上海第9人民病院。曹副院長を3月に引き続き訪問。曹副院長は中国のTissue Engineering分野でトップクラス。中国では組織工学、幹細胞治療の認可が極めて厳しくなっている。現在は認可は皮膚くらいしか組織工学分野ではとれていない。GMPラボが必要であり、病院内でのセットアップは難しく、別の場所に現在建設中。特に安全性を検査することが重要。上海FDA(SFDA)ではフレキシブルなところもあるので、安全と認めてもらうことが必要と考えているとのこと。クリニカルトライアルは行うことができるので、まずは小さくてもよいから成功例を作って政府を巻き込んでいくのがよいとのこと。
 岡野先生からは欧州では30カ国がひとつのregulationに基づいている。若い人を未来に向けて教育していかないとならない。気を付けなければならないのは、米国で学び、その手法が最高だと思って、そのまま中国に帰国してからも高価な診断装置、治療装置、薬を輸入し、治療を続ける。既に天津、北京での視察した病院では日本並みの手術室設備、検査装置が導入されていることからもこの流れが始まっていると思う。しかし、10年、20年後にはどうするのか?日本のように医療費ばかり上がってしまい、多くの患者を治すことにはならない。中国は人口も多く、多くの患者を治すために医療をどうしたらよいかを真剣に取り組む必要がある。この病院ともアイデアを交換して、小さなスケールから始めるのがよいだろう。安全性と効率をきちんと見極めて、問題があればすぐストップしなければならないのは勿論だ。

 上海では新しい技術の認可について、ひとつの病院でしか治療ができない制限があるが、それであれば可能である。

 まずは、眼科患者が多く、角膜移植ドナーも少ないことから角膜の細胞シート治療を行う方向で検討を進める。データを見せて優れていることを示すことを日中で協力して行う。2013年からはフランスで治療が始まるので上海でも1.5年すればスタートすることができるだろう。欧州のシステムをモデルとしてアジアに適用していくことも考えたい。中国では200例程度のデータがスタートから2年後には揃うだろう。そのためにTWInsから技術移管を行う。SFDAもデータを見て納得できるレベルが達成できると曹副院長も考えている。
→いずれにしろ、議論を続ける。


上海第9人民病院にて、曹副院長他

中山病院(孫文に因んだ名前)

 上海中山病院は心臓内科外科だけで年間7000人の手術を行っている。外来は10数万人である。心臓移植は20例規模。(参考:東京女子医科大学年間6万人の外来患者)

 上海児童医学中心においても劉院長の歓迎を頂き、岡野先生との旧交を温めたとともにアジアの先端医療立ち上げについて議論を行い、これからもコラボを期待しているとの答えを頂戴している。この病院へは各界の著名人が訪問しており、その中にはクリントン夫人も含まれる。院長室には病院の名前を記した江沢民自筆の額が飾られている。アメリカのHOPE財団からのサポートを得ている米国の保険が適用される病院。


上海児童医学中心(劉院長、常先生、岡野先生)、病院のロビーにある国際交流コーナーでの岡野先生の写真の前で

病院建物
 

 上海交通大学胸科病院では胸外科主任医師の方教授が、食道―胃の吻合部の外科手術に細胞シートを適用したいとのことで、技術移管を睨んで前向きに検討するとの岡野先生のコメントであった。2,3年で治療を始められるようにロードマップを書いていこうとのこと。
→ 岡野先生を団長とした今回の訪中代表団は多くの中国の熱意のある人たちとの出会いが得られた。未来医学研究会先端医療イニシアチブの目的である、再生医療、先端医療を軸として日本とアジアの国との連携を30-50年の計で深め、アジア共成長の礎を築くということ。その第一歩、日中での、具体的なテーマでの深堀と実績作り、未来医療システムの提言を睨んだ活動に向けて、とてもポジティブな感触が得られた1週間であった。

 以下は具体的にどのように未来医療イノベーションを起こすかということについての、ひとつの考え方である。皆さんと議論を進めていきたいと思っている。

≪日中医療特区構築≫

 日中で医療デバイス、細胞などの安全性データを指定病院で出していき、日中同時に認可がとれるようにしていく。特区的なシステム構築で両サイドでデータを同一プロトコルで取得し、SFDA―厚労省が同時に認可を出す仕組みはできないものか。日中特区の中で治療例を集めて全国展開に繋げるというストーリを描きたい。これによりデバイスもどういう部分をきちんと押さえなければならないかがクリアになる。そして医者サイドの教育も進められる。日中特区では治験、医療デバイスの開発を加速することになり、限定使用から全国展開の流れを構築する。欧米から高価な検査装置、薬を輸入して行うお金のかかる医療から効率的、コストがかからず大量の人を治せる医療への転換が日本、中国に共通の課題であろう。日本は技術的には例えば心臓のペースメーカを製造することができるが、現実には100%輸入に頼っている。日中の医師が先端のテクノロジーを使えるようにする仕組みを作っていき、5-10年後にはアジアが世界の患者を治すことにしたい。その基盤を我々の世代で作る。アジアの中の先端医療をどうすればよいかを一緒に考えていきたい。これは未来医学研究会が仕掛ける未来の医療イノベーションではないだろうか。

▲ページ最上部へもどる

中国新華社報道 ・・2011年9月29日・・

【訳】
日本未来医学代表団の中国訪問を終えて東京に戻ります
2011年09月29日 10:23:00出所:新華ネットの日本チャンネル

東京9月29日の新華社ネットニュース(記者 何徳功)日本未来医学研究会会長岡野光夫は未来医学研究代表団一行6人を率いて、9月28日に中国に対して1週間の訪問を終えて東京に戻ります
岡野光夫一行は天津医科大学、天津泰達国際心血管病院、清華大学付属病院、上海交通大学付属児童医学中心、上海復旦大学付属中山病院などを訪問致しました。各地の病院及び未来先端医療研究施設の専門家、研究者達との交流を通じて、相互の理解と協力関係を促進して、両国医学の研究者間の友情は深まりました。

また、代表団が中国を訪問した時に中国の医学専門家と協議を行い、2012年6月に東京女子医科大学で第1回中日先端生命医学シンポジュウムを開催する計画を立てました。

日本未来医学研究会は、1978年に創立されました。創立後の33年間、未来医学研究会は社会と人類に貢献する理念を持っており、絶えず改革と創造を行ってきました。先端医学研究と共に、国際交流の扉を開いて、新しいタイプの国際的な未来医学人材を育成することに尽力いたします。

翻訳者 常 徳華
東京女子医科大学 先端生命医科研究所


▲ページ最上部へもどる