2004年の研究業績

原著論文

  • Koji Nishizawa, Kousuke Kishi, Development of Interference-Free Wire-Driven Joint Mechanism for Surgical Manipulator Systems, Journal of Robotics and Mechatronics, 16(2), pp116-121, 2004
  • Shigeru Omori, Yoshihiro Muragaki, Ichiro Sakuma, Hiroshi Iseki, Robotic Laser Surgery with λ=2.8μm Microlaser in Neurosurgery, Journal of Robotics and Mechatronics, 16(2), pp122-128, 2004
  • R. Nakamura, K. Tuncali, P. Morrison, N. Hata, S. Silverman, R. Kikinis, F. Jolesz, G. Zientara, Control System for MR-Guided Cryotherapy - Short-term Prediction of Therapy Boundary Using Automatic Segmentation & 3D Optical Flow -, Lecture Notes in Computer Science 3217:542-550, 2004
  • Motohiro Hayashi, Takaomi Taira, Mikhail Chernov, Masahiro Izawa, Roman Liscák, Chung Ping Yu, Robert T.K. Ho, Mihoko Tomita, Yoko Katayama, Nobuo Kouyama, Yoriko Kawakami, Tomokatsu Hori, Kintomo Takakura, Role of Pituitary Radiosurgery for Management of Intractable Pain and Potential for Future Work, Radiosurgery, Vol5:161-170, 2004
  • Chernov M. Kamikawa S. Toledo R. Yamane F. Izawa M. Hayashi M. Muragaki Y. Hori T. Minimally invasive management of the third ventricle glioma in a patient without hydrocephalus: neurofiberscopic biopsy followed by gamma knife radiosurgery. Minimally Invasive Neurosurgery. 47(4):238-41, 2004
  • 清水一雄,清水一秀,赤須東樹,北川旦,小林英津子,佐久間一郎,丸山隆志,村垣善浩,伊関洋:5-Aminolevulinic acid(5-ALA)の応用-内分泌頸部外科手術に有用かつ簡便な術中副甲状腺の新同定法、内分泌外科,Vol.21,No.3,pp199-202、2004
  • 谷口拡樹, 伊関洋, 村垣善浩, 松村剛, 小島康志, 紫雲俊美, 椎名毅, 新田尚隆, 山川誠, 平孝臣, 堀智勝, 高倉公朋、術中MRIと超音波エラストグラムの融合によるハイブリッド型手術ナビゲーションシステムの開発、機能的脳神経外科、43(1):12-17、2004
  • 西澤幸司、菅和俊、藤江正克、伊関洋、小林茂昭:三本のマニピュレータと内視鏡を直径10mmの挿入部に装備した脳神経外科用HUMANシステム、日本機械学会論文集、70巻692号C編、1100-1106、2004
  • 長嶋義昭, 廣瀬佐智雄, 鈴川浩一, 苗村潔, 高信英明, 村垣善浩, 伊関洋, 梅津光生, 高倉公朋、OpenMRI下脳外科手術におけるナビゲーションシステムの精度および操作性向上に関する研究、日本コンピュータ外科学会誌、6(1):5-12、2004
  • 川俣貴一, 伊関洋, 久保長生, 堀智勝、顕微鏡と神経内視鏡を併用した経鼻的下垂体腫瘍摘出術の適応と限界、日本内分泌学会雑誌、80(Suppl.):38-39

総説等

  • 伊関洋, 村垣善浩, 丸山隆志, 中村亮一, 杉浦円, 谷口拡樹, 小澤紀彦, 大森繁, 南部恭二郎、インテリジェントオペ室の現状と将来展望、MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY、22(3):115-119、2004
  • 小野由子, 阿部香代子, 臼倉政雄, 吉田滋俊, 村垣善浩, 林基弘, 伊関洋, 落合卓、症例で見る造影MRI 頭部造影MRIのトピックス、INNERVISION、19(10):74-79
  • 村垣善浩, 丸山隆志, 伊関洋, 堀智勝、専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 神経膠腫摘出のための覚醒下手術、脳神経外科速報、14(12):1187-1197
  • 伊関洋、村垣善浩、中村亮一、西澤幸司、大森繁、林基弘、堀智勝、髙倉公朋、脳神経外科におけるRobotic Surgery、日本外科学会雑誌、105(12):763-766、2004
  • 伊関洋、村垣善浩、丸山隆志、中村亮一、南部恭二郎、大森繁、堀 智勝、髙倉公朋、脳神経外科領域の先端医療 インテリジェント手術室、神経研究の進歩、48(6):860-866、2004
  • 伊関洋、村垣善浩、中村亮一、南部恭二郎、高倉公朋、インテリジェント手術室~外科医の新しい目と手と脳になるか~、Bioベンチャー、Vol4(5):76-79、2004
  • 伊関洋、村垣善浩、丸山隆志、中村亮一:インテリジェント手術室、臨床神経科学、22(10)、1210-1211、2004
  • 田倉智之、伊関洋:ロボット手術におけるリスクとベネフィット -医療技術のテクノロジーアセスメントの考え方-、日本ロボット学会誌、22(4)、435-438、2004
  • 伊関洋, 村垣善浩, 中村亮一, 林基弘, 高倉公朋:インテリジェント医療(医療と工学の連携), 溶接学会誌, 73(2), 93-96, 2004
  • 伊関洋, 村垣善浩, 中村亮一, 南部恭二郎:Intuitive Visualization of Medical Information, 日本臨床, 62(4), 607-611, 2004
  • 村垣善浩, 丸山隆志, 伊関洋, 堀智勝, 高倉公朋、3D画像医学の臨床 脳外科領域の診断と治療(脳腫瘍) 術中MRI・ナビゲーション、日本臨床、62(4):697-706、2004
  • 伊関洋, 村垣善浩, 丸山隆志, 中村亮一:新しい治療体系 MRI下の脳外科手術, 現代医療, Vol.36(1), pp175-180, 2004

著書

  • 村垣善浩、伊関洋、堀智勝:摘出量最大化のためのGlioma手術戦略、菊池晴彦監修 先端医療シリーズ29 脳神経外科の最新治療、先端医療技術研究所、p112-118、東京、2004
  • 中村亮一、村垣善浩、伊関洋:探査型マイクロマニピュレータシステム、菊池晴彦監修 先端医療シリーズ29 脳神経外科の最新治療、先端医療技術研究所、p195-200、東京、2004
  • 伊関洋他:Point Setterの臨床使用経験、菊池晴彦監修 先端医療シリーズ29 脳神経外科の最新治療、先端医療技術研究所、p343-348、東京、2004

講演(招待講演・基調講演・セミナー講演など)

  • 中村亮一, 悪性脳腫瘍を治療するインテリジェント手術室-産学連携による先端情報誘導下手術の実現-, 第3回産学連携フォーラム -医学2004-, 東京, 2月19日, 2004
  • Hiroshi Iseki, Perspectives from Japan (Invited talk), OR2020 Workshop -Operating Room of the Future-, Ellicott City, MD, USA, March 18-20, 2004
  • Yoshihiro Muragaki, Intraoperative MRI and mapping/monitoring for preservation of eloquent neuronal fiber, The 1st Fiber Dissection Workshop (Satellite Symposium of Stroke 2004), Nagoya, Japan, March 2004
  • 村垣善浩、openMRが導く精密誘導手術、第1回脳神経外科産官学連携シンポジウム、名古屋、10月7日、2004
  • 伊関洋、脳神経外科におけるオープンMRI下における低侵襲手術環境の構築に関して、日本と米国の研究、第18回日本エムイー学会秋季大会 特別企画 「日本の新産業を目指す医療ロボティクス」、愛媛、11月6日、2004
  • 伊関洋、精密誘導手術としてのRobotic Surgery、第17回日本内視鏡外科学会総会 パネルディスカッション Robotic Surgeryの将来展望、横浜、11月26日、2004

国際学会発表

  • H. Iseki, Y. Muragaki, S. Oomori, K. Nishizawa, M. Hayashi, R. Nakamura and I. Sakuma, Robotic Surgery in Neurosurgical Field, Proc of Medical Robotics, Navigation and Visualization (MRNV 2004), pp32, Remagen, Germany, Mar. 11-12, 2004
  • Y. Muragaki, H. Iseki, T. Maruyama, R. Nakamura, M. Hayashi, O. Kubo, T. Hori, K. Takakura, Advanced information-guided surgery by integration of data from different modalities, Proc of the 18th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2004, H. U. Lemke, M. W. Vannier; K. Inamura, A. G. Farman ,K. Doi & J. H. C. Reiber (Editors). Springer, June.23-26. Chicago, USA, p693-696, 2004
  • N. Ozawa, Y. Muragaki, H. Shirakawa, K. Suzukawa, R. Nakamura, S. Watanabe, H. Iseki, K. Takakura, Development of navigation system employing intra-operative diffusion weighted imaging using open MRI, Proc of the 18th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2004, H. U. Lemke, M. W. Vannier; K. Inamura, A. G. Farman ,K. Doi & J. H. C. Reiber (Editors). Springer, June.23-26. Chicago, USA, p697-702, 2004
  • Kemal Tuncali, Ryoichi Nakamura, Eric N Wildenberg, Paul R Morrison, Simon K. Warfield, Gary P. Zientara, Stuart G. Silverman, 3D Computerized Monitoring of Image-guided Percutaneous Tumor Ablations: Validation of the System in an Animal Model and Retrospective Clinical Case Applications, 5th Interventional MRI Symposium, Cambridge, MA, USA, Oct 15-16, 2004
  • Motohiro HAYASHI, Takaomi TAIRA, Taku OCHIAI, Mikhail CHERNOV, Masahiro IZAWA, Tomokatsu HORI, Kintomo TAKAKURA, Gamma knife pituitary radiosurgery for intractable pain: trial experience, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p73, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004
  • Shigeru Omori, Ryoichi Nakamura, Yoshihiro Muragaki, Hiroshi Iseki, Computer controlled Mid-infrared Laser Surgery System in Neurosurgery, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p84, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004
  • Ryoichi Nakamura, Jae-Sung Hong, Yoshihiro Muragaki, Takashi Inomata, Nobuhiko Hata, Takeyoshi Dohi, Hiroshi Iseki, 4D Realtime Updating Neuronavigation System - Procedure Logger and 4D Visualization -, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p85, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004
  • Hiroshi Iseki, Yoshihiro Muragaki, Takashi Maruyama, Motohiro Hayashi, Ryoichi Nakamura, Shigeru Omori, Kouji Nishizawa, Tomokatsu Hori, Kintomo Takakura, Precision Guided Surgery, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p87, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004
  • Hiroki Taniguchi, Hiroshi Iseki, Takaomi Taira, Yoshihiro Muragaki, Takashi Maruyama, Tomokatsu Hori, Kintomo Takakura, A New Stereotactic Neurosurgical Device with Radiofrequency Receive Coil For Intraoperative Magnetic Resonance Imaging, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p89, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004

Poster

  • R. Nakamura, K. Tuncali, P. Morrison, N. Hata, S. Silverman, R. Kikinis, F. Jolesz, G. Zientara, Control System for MR-Guided Cryotherapy - Short-term Prediction of Therapy Boundary Using Automatic Segmentation & 3D Optical Flow -, 7th International Conference on Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention -MICCAI2004-, Rennes - Saint-Malo, France, Sep. 26-30, LNCS3217:542-550, 2004
  • H. Naganou, H. Iseki, K. Masamune, MRI Compatible Modular Designed Robot for Interventional Navigation –Prototype Development and Evaluation, 7th International Conference on Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention -MICCAI2004-, Rennes - Saint-Malo, France, Sep. 26-30, LNCS3217:1069-1070, 2004
  • H. Okayasu, Masakatsu G. Fujie, H. Iseki, Passive Manipulator for Neurosurgery, Proc of the 18th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2004, H. U. Lemke, M. W. Vannier; K. Inamura, A. G. Farman ,K. Doi & J. H. C. Reiber (Editors). Springer, June.23-26. Chicago, USA, p1282, 2004
  • T. Inomata, Y. Muragaki, H. Iseki, T. Dohi, N. Hata, Intraoperative segmentation of brain tumors for open MRI guided glioma surgery, Proc of the 18th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2004, H. U. Lemke, M. W. Vannier; K. Inamura, A. G. Farman ,K. Doi & J. H. C. Reiber (Editors). Springer, June.23-26. Chicago, USA, p1284, 2004
  • H. Taniguchi, H. Iseki, T. Taira, Y. Muragaki, T. Hori, K. Takakura, A new stereotactic neurosurgical device with radiofrequency receive coil for intraoperative MRI, Proc of the 18th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2004, H. U. Lemke, M. W. Vannier; K. Inamura, A. G. Farman ,K. Doi & J. H. C. Reiber (Editors). Springer, June.23-26. Chicago, USA, p1287, 2004
  • T. Maruyama, Y. Muragaki, M. Tanaka, H. Iseki, I. Sakuma, T. Hori, K. Takakura, Efficacy of 5-Aminolevulinic acid induced fluorescence detection in malignant glioma surgery, Proc of the 18th International Congress and Exhibition of Computer Assisted Radiology and Surgery CARS2004, H. U. Lemke, M. W. Vannier; K. Inamura, A. G. Farman ,K. Doi & J. H. C. Reiber (Editors). Springer, June.23-26. Chicago, USA, p1290, 2004
  • Y. Muragaki, T. Maruyama, H. Iseki, M. Sugiura, K. Suzukawa, K. Nambu, O. Kubo, K. Takakura and H. Tomokatsu, Navigation Error of Update Navigation System Based on Intraoperative MRI, Proc of Medical Robotics, Navigation and Visualization (MRNV 2004), pp33, Remagen, Germany, Mar. 11-12, 2004
  • Motohiro HAYASHI, Taku OCHIAI, Masahiro IZAWA, Tomokatsu HORI, Jean REGIS, Role and Efficiency of "Robotized Micro Radiosurgery" for Essential Trigeminal Neuralgia: Technical Note and Treatment Concept According to 100 Cases Experience, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p109, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004
  • Motohiro HAYASHI, Jean REGIS,. Taku OCHIAI, Tomokatsu HORI, New Modified Treatment Method in MTLE Radiosurgery - Based on The Evaluation of 23 MTLE cases in Marseille Timone Hospital -, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p110, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004
  • Hirotsune Kawamura, Takaomi Taira, Hiroshi Iseki, Fumitaka Yamane, Taku Ochiai, Tomokatsu Hori, Intraoperative Laser Doppler Flowmetry measurement of Regional cortical Blood Flow (RCOBF) in 5 Patients with Medically Refractory Posttraumatic Epilepsy, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p125, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004
  • Taku Ochiai, Mikhail F Chernov, Yoshihiro Muragaki, Osami Kubo, Tomokatsu Hori, MRS-guided Frame-based Stereotactic Biopsy, the 5th Congress of Asian Society of Stereotactic Functional and Computer Assisted Neurosurgery, p127, Kaohsiung, Taiwan, November 27-30, 2004

国内学会発表

  • 藤田吉之, 村垣善浩, 伊関洋, 南部恭二郎, 丸山隆志, 高倉公朋, 神経への刺激と電位導出が出来る新しいバイポーラ型凝固鑷子(3-way bipolar forceps)の開発, 第6回日本ヒト脳機能マッピング学会, 東京, 3月21~22日, 2004
  • 林基弘、レジスジャン、井澤正博、堀智勝、New Treatment Strategy for Essential Trigeminal Neuralgia with Gamma Knife Model C-APS: Clinical Experience、第43回日本定位・機能神経外科学会、奈良、4月22~23日、2004、プログラム・抄録集、p51、2004
  • 小倉玄、中村亮一、村垣善浩、高倉公朋、伊関洋:小型振動子を用いた多自由度超音波凝固切開装置の開発、第43回日本エム・イー学会大会、金沢、石川、5月19日~21日、2004
  • 中村亮一、猪股崇、村垣善浩、伊関洋、土肥健純、波多伸彦:術中MRI誘導下手術における術中セグメンテーション、第4回日本脳神経外科術中画像研究会、滋賀、7月31日、2004
  • 小澤紀彦、村垣善浩、白川洋、鈴川浩一、中村亮一、伊関洋:術中MRIによる拡散強調画像ナビゲーション、第4回日本脳神経外科術中画像研究会、滋賀、7月31日、2004
  • 中村亮一、 Kemal Tuncali, Paul R. Morrison, Ron Kikinis, Ferenc A. Joresz, Gary G. Zientara, 自動セグメンテーションと3Dオプティカルフローを用いたMRI誘導下冷凍治療支援システム, 第2回生活支援工学系連合学会大会、東京、p237-238, 9月13~15日、2004
  • 小倉玄、中村亮一、村垣善浩、高倉公朋、伊関洋:小型振動子を用いた多自由度超音波凝固切開装置の開発、第2回生活支援工学系連合学会大会、東京、p239-240, 9月13日~15日、2004
  • 村垣善浩、丸山隆志、伊関洋、田中雅彦、落合卓、山根文孝、中村亮一、久保長生、高倉公朋、堀智勝、Glioma摘出のためのインテリジェント手術室における精密誘導手術、第63回日本脳神経外科学会総会 口演シンポジウム-1 悪性脳腫瘍治療の最前線(2)、名古屋、10月6~8日、2004
  • 小澤紀彦、村垣善浩、白川洋、鈴川浩一、中村亮一、杉浦円、谷口拡樹、伊関洋:術中MRIによる拡散強調画像ナビゲーション、第63回日本脳神経外科学会総会 口演シンポジウム-4 脳画像と画像診断機器の最前線、名古屋、10月6~8日、2004
  • 林基弘、井澤正博、落合卓、平孝臣、堀智勝、高倉公朋、最新Robotized Gamma Knife surgeryにおける三叉神経痛治療戦略:日仏200症例における臨床検討、第63回日本脳神経外科学会総会 口演シンポジウム-19 機能的疾患に対する定位的放射線治療の現状、名古屋、10月6~8日、2004
  • 石川達也、村垣善浩、猪股崇、丸山隆志、波多伸彦、伊関洋、中村亮一、土肥健純、高倉公朋、堀智勝、OpenMRI誘導手術における脳腫瘍術中セグメンテーション、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 井上龍也、丸山隆志、村垣善浩、山根文孝、落合卓、田中雅彦、久保田有一、伊関洋、久保長生、堀智勝、Eloquent area近傍脳腫瘍に対する覚醒下腫瘍摘出術の成績と問題点、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 谷崎義生、伊関洋、高倉公朋、森川康英、南部恭二郎、神野誠、平賀健司、赤路和則、小林正人、手術用ロボットの頚動脈内膜剥離術への応用:基礎的検討、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 川俣貴一、伊関洋、堀智勝、経鼻的下垂体腫瘍摘出術の治療成績、安全性向上のための工夫 -神経内視鏡およびナビゲーションの応用-、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 山根文孝、落合卓、村垣善浩、堀智勝、内側側頭葉手術における経頭蓋刺激運動誘発電位によるモニタリング、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 田中雅彦、村垣善浩、丸山隆志、日山博文、久保長生、堀智勝、中枢神経原発悪性リンパ腫における新たな集学的化学治療、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 久保長生、丸山隆志、田中雅彦、村垣善浩、日山博文、林基弘、井沢正博、堀智勝、シュワン細胞腫に対する定位的放射線治療後の病理組織学的検討、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 中村亮一、林基弘、伊関洋、荒俣博、藤田吉之、南部恭二郎、村垣善浩、堀智勝、高倉公朋、小児全身麻酔下ガンマナイフ治療におけるNetwork-based遠隔モニタリングシステム、第63回日本脳神経外科学会総会、名古屋、10月6~8日、2004
  • 中村亮一,小倉 玄,村垣善浩,高倉公朋,伊関 洋、小型振動子を用いた多自由度超音波凝固切開装置の開発-(第2 報)新型振動子と把持機構の開発-、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p23-24、2004
  • 野口雅史,青木英祐,小林英津子,大森 繁 ,村垣善浩,伊関 洋,佐久間一郎、脳外科用レーザ手術装置のための小型オートフォーカスシステムの開発、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p35-36、2004
  • 大森 繁,中村亮一,村垣義浩,伊関 洋,高倉公朋、コンピュータ制御による脳外科用中赤外レーザーの機能開発、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p37-38、2004
  • 中島章夫,住吉哲実,岩見秀雄,西村巳貴則,岡上吉秀,中村亮一,村垣善浩,伊関 洋,高倉公朋、脳腫瘍除去用インテリジェントレーザ手術システムの構築(3)、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p41-42、2004
  • 岡安はる奈,岡本 淳,伊関 洋,藤江正克、低侵襲手術に向けた液圧駆動脳ヘラマニピュレータの開発(第3 報)多関節化とその検討、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p87-88、2004
  • 岡本 淳,原 知宙,伊関 洋,藤江正克、多自由度脳ヘラ型マニピュレータの開発 -拮抗駆動方式の検討-、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p89-90、2004
  • 山本明広,高信英明,高村 寧,伊関 洋,岡本 淳,藤江正克、多自由度脳ヘラ型マニピュレータ用マスタマニピュレータ、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p91-92、2004
  • 谷崎義生,伊関 洋,高倉公朋,森川康英,南部恭二郎,神野 誠、脳神経外科血管手術への手術用ロボットの応用:基礎的検討、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p93-94、2004
  • 西澤幸司,伊関 洋,藤江正克,佐久間一郎、MRI 連携手術支援マニピュレータシステムAmateras の開発、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p103-104、2004
  • 鷲尾利克,岡田裕之,小関義彦,伊関 洋,福与恒雄,水原和行、MR 対応斜視鏡の開発、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p129-130、2004
  • 荒俣 博,中村亮一,南部恭二郎,林 基弘,村垣善浩,長田 理,鎌田ことえ,伊関 洋,堀 智勝,高倉公朋、ガンマナイフモデルC 導入に伴う治療および患者管理に対する情報技術誘導による医療安全管理システムの構築、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p135-136、2004
  • 清水一秀,小林英津子,丸山隆志,村垣善浩,伊関 洋,佐久間一郎、5-Aminolevulinic Acid 誘導による蛍光画像を用いた術中脳腫瘍同定、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p177-178、2004
  • 小澤紀彦,村垣善浩,白川 洋,鈴川浩一,中村亮一,伊関 洋、術中拡散強調画像(DWI)ナビゲーションシステム、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p195-196、2004
  • 武藤俊介,安藤隼人,長嶋義昭,植松美幸,鈴川浩一,中村亮一,伊関 洋,村垣善浩,梅津光生、反射球マーカを用いたOpenMRI 下脳外科手術ナビゲーションシステムの臨床応用、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p197-198、2004
  • 洪 在成,村垣善浩,猪股 崇,中村亮一,波多伸彦,土肥健純,伊関 洋、術中における腫瘍の残存領域の三次元表示、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p235-236、2004
  • 松家大介,正宗 賢,石川達也,村垣善治,伊関 洋、医用断層画像オーバーレイ表示システムの精度評価に関する研究、第13回日本コンピュータ外科学会大会、東京、12月10-12日、p251-252、2004

受賞

  • 第18回 先端技術大賞 産経新聞社賞
    村垣善浩、伊関洋、中村亮一、丸山隆志、大和雅之、高倉公朋、「脳腫瘍完全摘出システムの開発」、2004年6月18日