2002年の研究業績

論文

  • Iseki H. Muragaki Y. Taira T. Kawamata T. Maruyama T. Naemura K. Nambu K. Sugiura M. Hirai N. Hori T. Takakura K. New possibilities for stereotaxis. Information-guided stereotaxis., Stereotactic & Functional Neurosurgery. 76(3-4):159-67, 2001
  • Hongo K, Kobayashi S, Kakizawa Y, Koyama J, Goto T, Okudera H, Kan K, Fujie M, Iseki H, Takakura K: NeuRoobot: Telecontrolled Micromanipulator System for Minimally Invasive Microneurosurgery-Preliminary Results. Neurosurgery, vol.51(4):985-988,2002
  • Muragaki Y. Ujiie H. Ohno M. Kubo O. Hori T.: Optic nerve arteriovenous malformation causing optic apoplexy: Case report: Neurosurgery 51(4):1075-8 2002
  • Hayashi M. Taira T. Chernov M. Fukuoka S. Liscak R. Yu CP. Ho RT. Regis J. Katayama Y. Kawakami Y. Hori T. Gamma knife surgery for cancer pain-pituitary gland-stalk ablation: a multicenter prospective protocol since 2002. Journal of Neurosurgery. 97(5 Suppl):433-7, 2002
  • Takakazu Kawamata, Hirsohi Iseki, Takao Shibaszki, Tomokatsu Hori: Endoscopic Augmented Reality Navigation System for Endonasal Transsphenoidal Surgery to Treat Pituitary Tumors: Technical Note.Neurosurgery, vol.50(6):1393-1397,2002
  • Kawamata T, Iseki H, Ishizaki R, Hori T: Minimally invasive endoscope-assisted endonasal transsphenoidal microsurgery for pituitary tumors: Experience with 215 cases coparing with sublabial transsphenoidal approach. Neurol Res, 2002;24:259-265 2002
  • Kawamata T, Kamikawa S, Iseki H, Hori T: Flexible endoscope-assisted endonasal transsphenoidal surgery for pituitary tumors. Min Inv Neurosurg, 2002
  • Kawamata T. Iseki H. Shibasaki T. Hori T. Endoscopic augmented reality navigation system for endonasal transsphenoidal surgery to treat pituitary tumors: technical note., Neurosurgery. 50(6):1393-7, 2002
  • 伊関洋, 村垣善浩, 川俣貴一, 丸山隆志, 杉浦円, 谷口拡樹, 南部恭二郎, 堀 智勝, 高倉公朋:脳神経外科におけるロボティックサージェリーの現状と将来, 臨床放射線, 47(3), pp431-439, 2002
  • 伊関洋, 村垣善浩, 丸山隆志, 川俣貴一, 堀 智勝, 高倉公朋:術中ナビゲーションシステムの現状と未来, 作業療法ジャーナル, 36(1), pp69-72, 2002
  • 伊関洋, 滝沢由美子, 松本美浩医, 釜江尚彦:医療事故防止の実際 Vitual realuityで医療事故のシミュレーションはできるか, 現代医療, 34(4), pp114-118, 2002
  • 伊関洋, 村垣善浩, 苗村潔, 堀智勝:術中に使用する設備・機器 ナビゲータ, Ope nursing, 2002年春季増刊, pp.206-209, 2002
  • 伊関洋, 村垣善浩, 苗村潔:ちょこっと教えて最先端医療治療 (ニューロ)ナビゲーションシステム, Brain nursing, 18(8), pp801-805, 2002
  • 伊関洋, 村垣善浩, 丸山隆志, 川俣貴一, 杉浦 円, 南部恭二郎, 苗村 潔, 岡田芳和, 堀 智勝, 高倉公朋: 脳腫瘍摘出手術に必要な検査法-術中検査-, 脳神経外科ジャーナル, Vol.11(8):508-514,2002
  • 伊関洋, 村垣善浩, 丸山隆志, 川俣貴一, 堀智勝, 高倉公朋:クリニカルテクニック 術中MRIの応用, Clinical Neuroscience, 20(7), pp834-835, 2002
  • 村垣善浩, 橋爪誠:外科領域に於ける最近の進歩 -術中オープンMRIとリアルタイムナビゲーション-, 福岡医学雑誌, 93(11), pp223-230, 2002
  • 川俣貴一, 伊関洋, 久保長生, 上川秀士, 堀智勝:非機能性巨大下垂体腺腫に対する経皮的摘出術, 日本内分泌学会雑誌, 78(増刊), pp114-116, 2002
  • 川俣貴一, 伊関 洋, 石崎律子, 堀 智勝: 術中MRI(Open MRI)用いた経鼻的下垂体腫瘍摘出, 日本内分泌学会雑誌, vol.78 Suppl.,93-95,2002
  • 久保田由美子, 伊関 洋, 上遠野千佳, 古寺紀子, 村垣善浩, 堀 智勝, 高倉公朋:術中に使用する設備・器械 21世紀の脳神経外科手術室, Ope nursing, 2002年春季増刊, pp.210-213, 2002
  • 大和雅之, 杉浦 円, 伊関 洋:インテリジェント手術室と再生医療:次世代再生医療支援環境の構築にむけて, 特集)「再生医療とMEとの接点」, BME. Vol.16(2):2-9,2002
  • 松家大介, 正宗賢, 石川達也, 杉浦円, 川俣貴一, 村垣善浩, 丸山隆志, 平井信行, 鈴川浩一, 堀智勝, 杉浦誠, 伊関洋:拡張現実感によるナビゲーション表示装置-プロトタイプ開発, 機能的脳神経外科, 41(2), pp70-71, 2002
  • 小関義彦, 鷲尾利克, 鎮西清行, 伊関洋:経鼻孔下垂体手術のためのオープンMRI対応内視鏡操作マニピュレータ, 日本コンピュータ外科学会誌, 4(1), pp20-26, 2002
  • 古寺紀子, 久保田由美子, 上遠野千佳, 佐藤あゆみ, 伊関洋, 村垣善浩:オープンMRI手術と看護支援, 日本手術医学会誌, 23(3), pp275-276, 2002
  • 谷口拡樹, 伊関洋, 平孝臣, 白川洋, 岩野英明, 村垣善浩, 杉浦円, 苗村潔, 堀智勝, 高倉公朋:術中オープンMRIのためのヒッチコック定位脳手術装置の開発, 日本コンピュータ外科学会誌, 3(4), pp267-272, 2002
  • 平井信行, 伊関洋, 川俣貴一, 村垣善浩, 平孝臣, 杉浦円, 苗村潔, 堀智勝, 高倉公朋:複合型ナビゲーションシステムの開発, 機能的脳神経外科, 41(1), pp27-31, 2002
  • 赤星朋比古, 小西晃造, 山口将平, 金城直, 富川盛雅, 村垣善浩, 橋爪誠:手術支援ロボティックシステムの現状と問題点, Medical Science Digest, 28(10), pp407-410, 2002
  • 野嶋琢也, 稲見昌彦, 苗村 潔, 川俣貴一, 伊関 洋, 舘 暲:力覚のオーグメンテッドリアリティを用いた手術支援システムの研究, VR医学, Vol.1(1):78-82,2002
  • 林基弘, 平孝臣, 落合卓, RegisJean, 川上順子, 片山洋子, 堀智勝:難治性疼痛に対するガンマナイフ治療戦略2002, 機能的脳神経外科, 41(2), pp140-142, 2002
  • 落合卓, GrimaultStephan, ScavardaDidier, RochGiorgi, 堀智勝, 林基弘, RiviereDenis, ManginJean Francois, RegisJean:上側頭回の形態学的,解剖学的研究, 機能的脳神経外科, 41(2) pp72-73, 2002
  • 林基弘, 臼倉政雄, 小野由子, 井澤正博, 堀智勝:機能的脳疾患治療dose planningにおけるTarget Imagingの有用性と工夫, CI研究, 24(3) pp145-150, 2002
  • 林基弘, 堀智勝:各疾患に対するradiosurgery 難治性てんかんに対するガンマナイフ手術, 医学のあゆみ 別冊Radiosurgeryの最前線-現況と展望, pp87-90, 2002
  • 林基弘, 平孝臣:各疾患に対するradiosurgery 難治性疼痛に対するガンマナイフ手術, 医学のあゆみ 別冊Radiosurgeryの最前線-現況と展望, pp76-80, 2002
  • 林基弘, 井澤正博:Radiosurgery概説 ガンマナイフ 適応と基礎・最新テクニック, 医学のあゆみ 別冊Radiosurgeryの最前線-現況と展望, pp6-10, 2002
  • 林基弘, 堀智勝, ニューロサイエンスの話題 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療 最近の治療概念, 脳の科学, 24(10), pp957-960, 2002
  • 林基弘, 平孝臣, ChernovMikahel, 村田徳子, 井澤正博, 堀智勝:下垂体とガンマナイフ, 内分泌・糖尿病科, 15(3), pp296-306, 2002
  • 林基弘:がん性疼痛に対するガンマナイフ治療 最新治療法Gamma Knife Pituitary Stalk Ablationについて, 痛みと臨床, 2(2), pp228-233, 2002
  • 堀智勝, 林基弘, 山根文孝, てんかんの外科治療の進歩, 医薬ジャーナル, 38(2), pp774-781,687, 2002
  • 田中雅彦, 久保長生, 川俣貴一, 日山博文, 村垣善浩, 丸山隆志, 川本竹正, 堀智勝:視交叉・視床下部pilocytic astrocytomaの臨床病理学的検討, 日本内分泌学会雑誌, 78(増刊, pp81-84, 2002
  • 久保長生, 天野耕作, 川俣貴一, 田中雅彦, 日山博文, 村垣善浩, 堀智勝:胚細胞性腫瘍における髄液中胎盤性アルカリフォスファターゼ(PLAP)値と組織像との相関, 日本内分泌学会雑誌, 78(増刊, pp43-45, 2002
  • 天野耕作, 久保長生, 今村強, 村垣善浩, 渡辺紳一郎, 堀智勝:胚細胞腫における胎盤型アルカリフォスファターゼ(PLAP)測定の意義, 日本内分泌学会雑誌, 78(Suppl., pp80-82, 2002

著書

  • 伊関 洋, 川俣貴一, 村垣善浩, 平井信行, 堀 智勝:オーグメンテッドリアリティーナビゲーション-トルコ鞍とその周囲の解剖-, 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XIV-脳室系の立体解剖-, 岡 一成編, サイメッド・パブリケーションズ, 29-32,2002
  • 伊関 洋: Computer-aided Surgery. 脳神経外科レビュー2002, 山浦 晶監修, 田中隆一, 堀 智勝, 山田和雄編集, 295-300,2002

国際学会発表

  • Nobuhiko Miyata, Etsuko Kobayashi, Daeyoung Kim, Ken Masamune, Ichiro Sakuma, Naoki Yahagi, Takayuki Tsuji, Hiroshi Inada, Takeyoshi Dohi, Hiroshi Iseki, Kintomo Takakura: Micro-grasping Forceps Manipulator for MR-Guided Neurosurgery. T.Dohi and R.Kikinis(Rds.): MICCAI 2002,LNCS 2488,pp107-113,2002 Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2002
  • Yoshihiko Koseki, Toshikatsu Washio, Kiyoyuki Chinzei,Hiroshi Iseki: Endoscope Manipulator for Trans-nasal Neurosurgery, Optimized for and Compatible to Vertical Field Open MRI. T.Dohi and R.Kikinis(Rds.): MICCAI 2002,LNCS 2488,pp114-121,2002 Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2002
  • Hiroki Taniguchi, Hiroshi Iseki, Takaomi Taira, Hiroshi Shirakawa, Hideaki Iwano, Yoshihiro Muragaki, Madoka Sugiura, Etsuko Kobayashi, Kiyoshi Naemura, Tomokatsu Hori, Kintomo takakura: Development of Hitchcock stereotactic frame fo intraoperative open MRI. Computer Assisted Radiology and Surgery, CARS2002- H.U.Lemke, M.W.Vannier; K.Inamura, A.G.Farman ,K.Doi & J.H.C.Reiber(Editors). Springer. pp.144-149,2002. 6.26-29. Paris
  • Y.Yamauchi, J.Yamashita, Y.Fukui, K.Yokoyama, T.Sekiya, E.Ito, M.Kanai, T.Fukuyo, D.Hashimoto, H.Iseki, K.Takakura: A dual-view endoscope with image shift. Computer Assisted Radiology and Surgery, CARS2002 - H.U.Lemke,M.W.Vannier; K.Inamura,A.G.Farman,K.Doi & J.H.C.Reiber(Editors). Springer.pp.183-187,2002.6.26-29. Paris
  • Kintomo Takakura, Osami Kubo, Yoshihiro Muragaki, Hiroshi Iseki, Madoka Sugiura: Photon radiosurgical system for treating brain tumors. Computer Assisted Radiology and Surgery, CARS2002- H.U.Lemke, M.W.Vannier; K.Inamura, A.G.Farman, K.Doi & J.H.C.Reiber(Editors). Springer.pp.551-555,2002. 6.26-29. Paris
  • K.Nambu, H.Iseki, Y.Muragaki, T.Maruyama, T.Taira, R.Mochizuki, M.Sugiura, K.Naemura, T.Hori, K.Takakura: Open MRI compatible HivisCAS video microscope system for neurosurgery. Computer Assisted Radiology and Surgery, CARS2002 - H.U.Lemke, M.W.Vannier; K.Inamura, A.G.Farman, K.Doi & J.H.C.Reiber(Editors). Springer. pp.1069, 2002. 6.26-29. Paris

国内学会発表

  • Under Construction

受賞

  • 日本コンピュータ外科学会講演論文賞(2件)
    伊関洋, 村垣善浩, 西澤幸司, 大森繁, 佐久間一郎, 苗村潔, 藤江正克, 高倉公朋, 脳神経外科における手術ロボットの展望, 第11回日本コンピュータ外科学会大会, 大阪, 11月30日~12月1日, 2002
    村垣善浩, 鈴川浩一, 伊関洋, 丸山隆志, 南部恭二郎, 荒俣博, 田中雅彦, 河本竹政, 石川達也, 杉浦円, 苗村潔, 藤江正克, 高倉公朋, 術中MRIを元にした三次元表示ナビゲーションシステムの開発, 第11回日本コンピュータ外科学会大会, 大阪, 11月30日~12月1日, 2002