2001年の研究業績

2001 論文

  • H.Iseki, Y.Muragaki, T.Taira, T.Kawamata, T.Maruyama, K.Naemura, K.Nambu, M.Sugiura, N.Hirai, t.Hori, K.Takakura: New Possibilities for Stereotaxis Information-Guided Stereotaxis. Stereotactic and Functional Neurosurgery.Vol.76:159-167,2001
  • Takakazu Kawamata,Hiroshi Iseki,Yoshikazu Okada,Tomokatsu Hori: Clinical application of an ultrasonically activated scalpel in neurosurgery. Neurological Research.vol.23:64-66,2001
  • 川俣貴一, 伊関 洋, 岡田芳和, 堀 智勝:超音波メスによる脳神経外科手術, 超音波TECHNO, Vol.1:13-16, 2001
  • 伊関 洋, 奥寺 敬, 谷崎義生, 村垣善浩, 小林茂昭, 吉本高志, 堀 智勝, 高倉公朋:外科医の新しい目・手・脳, 21世紀の定位脳手術, 機能的脳神経外科, Vol.40:1-7,2001
  • 伊関 洋, 南部恭二郎, 杉浦 円, 苗村 潔, 高倉公朋, 藤江正克:脳神経外科手術におけるロボット技術への期待と課題。特集-医療支援用ロボット技術。ロボット, No.141:12-18,2001
  • 伊関 洋, 村垣善浩, 川俣貴一:医療を可視化するバーチャルメディカルセンター ここまで来た耳鼻科領域の内視鏡ナビゲーション手術とオープンMRI手術。都耳鼻会報。105:15-18,2001
  • 久保長生, 村垣善浩, 丸山隆志, 今村強, 伊関洋, 堀智勝:局所放射線照射(PRS)治療後の悪性星細胞系腫瘍の病理組織学的検討, 定位的放射線治療, 5(, pp61-66, 2001
  • 伊関洋, 南部恭二郎, 杉浦円, 村垣善浩, 川俣貴一, 堀智勝, 高倉公朋:VR技術を利用した最新の脳外科手術, バイオメカニズム学会誌, 25(2), pp66-70, 2001
  • 吉本高志, 伊関洋, 高倉公朋:低侵襲脳外科手術戦略システムの開発, 東北医学雑誌, 113(1), pp70-71, 2001
  • 丸山隆志, 村垣善浩, 伊関洋, 久保長生, 堀智勝:光感光物質を用いた腫瘍可視化及びPRS,光感光物質による腫瘍縮小効果に関するin vitro,in vivo study, 東京女子医科大学総合研究所紀要, 21(, pp78-79, 2001
  • 久保長生, 村垣善浩, 丸山隆志, 伊関洋, 堀智勝:グリオーマに対するPRS(photon radiosurgery system)治療, Brain Medical, 13(3), pp264-269, 2001
  • 村垣善浩, 丸山隆志, 伊関洋, 堀智勝:機能的マッピングと術中MRIを併用したグリオーマの手術, Brain Medical, 13(3), pp255-263, 2001
  • 伊関洋, 南部恭二郎:デジタル画像の手術支援システムへの応用 医療情報の可視化, 日本放射線技術学会雑誌, 57(8), pp891-895, 2001
  • 久保長生, 村垣善浩, 丸山隆志, 伊関洋, 堀智勝, 高倉公朋:脳腫瘍の術中放射線治療, 神経研究の進歩, 45(4, pp679-686, 2001
  • 川俣貴一, 伊関洋, 堀智勝:東京女子医大インテリジェント手術室での高度医療 神経内視鏡ナビゲーションの現状, 新医療, 28(6), pp86-88, 2001
  • 村垣善浩, 伊関洋, 丸山隆志, 川俣貴一, 高倉公朋, 堀智勝:東京女子医大インテリジェント手術室での高度医療 術中オープンMRIによるリアルタイムナビゲーションの臨床, 新医療, 28(6), pp82-85, 2001
  • 村垣善浩, 伊関洋, 丸山隆志, 川俣貴一, 小倉玄, 堀智勝:機器最前線 超音波メス・高周波メス 新型超音波吸引手術装置(ソノップ5000)の初期使用経験, 脳神経外科速報, 11(5), pp371-373, 2001
  • 伊関洋, 南部恭二郎:ニューロサイエンスの話題 ウ゛ァーチャルリアリティの医療応用 医療情報の可視化, 脳の科学, 23(4), pp331-333, 2001
  • 伊関洋, 南部恭二郎, 杉浦円, 村垣善浩, 川俣貴一, 堀智勝, 高倉公朋:先端工学外科と近未来の手術室, ブレインナーシング, 17(4), pp338-345, 2001
  • 伊関洋, 大和雅之, 杉浦円, 堀智勝, 村垣善浩, 立花美紀, 川俣貴一, 白川洋:術中オープンMRI下での脳外科手術, メディックス, 34(, pp4-9, 2001
  • 川俣貴一, 伊関洋, 石崎律子, 堀智勝:神経内視鏡ナビケーションシステムを用いた下垂体腫瘍摘出術, 日本内分泌学会雑誌, 77(Suppl., pp128-129, 2001
  • 伊関洋, 高倉公朋, 村垣善浩, 川俣貴一, 堀智勝, 小野由子, 杉浦円, 立花美紀, 白川洋:MRIのクリニカルテクニック 治療のノウハウ イントラオペレイティブMRIのポイント, INNERVISION, 16(4付録, pp2-5, 2001
  • 伊関洋:治療法 ニューロナビゲータ, Annual Review神経2001, pp128-134, 2001
  • 千葉敏雄, 北野良博, 橋本大定, 伊関洋, 土肥健純, Michael R Harrison.:胎児外科治療はどこまで可能になるか:周産期医学, 31(1), pp49-54, 2001
  • 高倉公朋, 久保長生, 村垣善浩, 伊関洋:移動式術中照射装置の動向 フォトン定位的放射線治療システムによる脳腫瘍の治療, INNERVISION, 16(2), pp24-27, 2001
  • 久保長生, 村垣善浩, 伊関洋, 堀智勝:グリオーマ-update 新しい治療法の展開 Photon radiosurgery system(PRS), Clinical Neuroscience, 19(3), pp339-341, 2001
  • 村垣善浩, 平澤研一, 山根文孝, 堀 智勝:言語野に浸潤する腫瘍(中枢・末梢神経障害の新しい機能回復術:Journal of Clinical Rehabilitation 10(1):4-7, (2):102-105, 2001
  • 久保長生, 村垣善浩, 丸山隆志, 今村強, 伊関洋, 堀智勝:局所放射線照射(PRS)治療後の悪性星細胞系腫瘍の病理組織学的検討, 定位的放射線治療, 5(, pp61-66, 2001
  • 今村強, 久保長生, 村垣善浩, 氏家弘, 堀智勝:頭蓋咽頭腫の免疫組織化学的検索による増殖能及び浸潤能, 日本内分泌学会雑誌, 77(Suppl., pp75-77, 2001
  • 久保長生, 村垣善浩, 伊関洋, 堀智勝:グリオーマ-update 新しい治療法の展開 Photon radiosurgery system(PRS), Clinical Neuroscience, 19(3), pp339-341, 2001
  • 林基弘, Jean Regis, 落合卓, 堀智勝:脳波・筋電図の臨床 ガンマナイフを用いたてんかん治療の基礎と臨床, 臨床脳波, 43(12), pp797-803, 2001

2001 著書

  • 伊関 洋:ニューロナビゲータ, Annual Review 神経2001, 中外医学社, pp.128-134,2001
  • 伊関 洋, 川俣貴一, 堀 智勝:neuroendoscopeナビゲータの理論と応用, コンピュータ支援手術, 脳神経外科Advanced Practice 4.高倉公朋, 斎藤 勇, 河瀬 斌, 寺本 明編, メジカルビュー社, 東京, pp.96-101,2001.10.10.
  • 村垣善浩, 平沢研一, 山根文孝, 今村強, 丸山隆志, 久保長生, 堀 智勝: 長期硬膜下電極埋め込みによるMappingを利用したEloquent Area近傍Glioma摘出術,  嘉山孝正編 Advanced Technologyを用いた脳腫瘍の外科, メディカ出版, 大阪, 2001 pp140 - pp148

2001 国際学会発表

  • Sakuma I, Tanaka Y, Takai Y, Kobayashi E, Dohi T, Schorr O, Hata N, Iseki H, Muragaki Y, Hori T, Takakura K: Three dimensional digital ultrasound imaging system for surgical navigation. Computer Assisted Radiology and Surgery, CARS2001-H.U.Lemke,M.W.Vannier;K.Inamura, A.G.Farman & K.Doi (Editors). Elsevier (Amsterdam).pp.118-123,2001. 6.27-30. Berlin
  • Maruyama T, Muragaki Y, Iseki H, Kubo O, Mochizuki M, Seo S, Sakuma I, Hori T, Takakura K. : Intraoperative detection of malignant gliomas using 5-Aminolevulic acid induced protoporphyrin fluorescence, openMRI and real-time navigation system.: CARS2001:270-275:2001
  • Muragaki Y. Kawamata T. Iseki H. Kubo O. Maruyama T. Amano K. Hori T. Takakura K.: New system of glioma removal using intraoperative MRI combined with functional mapping: Computer Assisted Radiology and Surgery 2001 1143, 2001
  • Kosaku Amano, Yoshihiro Muragaki, Hiroshi Iseki,Takashi Maruyama,Madoka Sugiura,Masayuki Yamato, Ryuuiti Matida, tomokatsu Hori, Kintomo Takakura:Intraoperative “Real-Time” Navigation System updated with open MRI. Computer Assisted Radiology and Surgery, CARS2001-H.U.Lemke,M.W.Vannier;K.Inamura, A.G.Farman & K.Doi (Editors). Elsevier (Amsterdam). p.1144,2001. 6.27-30. Berlin
  • Madoka Sugiura, Hiroshi Iseki,Yoshihiro Muragaki,Masayuki Yamato, Kouji Tamura, Miki Tachibana, Kaori Kitta, Hiroshi Hirakawa, Toshiyuki Kuginuki, Hiroshi Takeuchi, Teruo Okano, Kintomo Takakura:The development of the intelligent operating theatre having an open MRI system. Computer Assisted Radiology and Surgery, CARS2001-H.U.Lemke,M.W.Vannier;K.Inamura, A.G.Farman & K.Doi (Editors). Elsevier (Amsterdam). p.1147,2001. 6.27-30. Berlin